ニュース

伊藤英嗣とサエキけんぞうのトーク・イベント、ヒダカトオルと桃野陽介(MONOBRIGHT)を招いた第1回が開催

サエキけんぞう   2011/02/09掲載(Last Update:11/02/10 14:13)
はてなブックマークに追加
伊藤英嗣とサエキけんぞうのトーク・イベント、ヒダカトオルと桃野陽介(MONOBRIGHT)を招いた第1回が開催
 昨年末に00年代の洋楽ロック・シーンの魅力をまとめたアーティスト&ディスク・ガイド本、Cookie Scene Essential Guide『POP & ALTERNATIVE '00s 21世紀ロックへの招待』を発売したクッキーシーン。その主宰者である伊藤英嗣と、かねてから親交があったというミュージシャン/プロデューサーのサエキけんぞうによるトーク・イべント<サエキけんぞう×クッキーシーン presents 洋楽トーク>が行なわれました。

 <サエキけんぞう×クッキーシーン presents 洋楽トーク>は、伊藤英嗣とサエキけんぞうを司会に、さまざまなアーティストや評論家が見る“洋楽”の魅力や面白さ、つまらなさや疑問点などを、ざっくばらんに語っていこうというトーク・イベント。2月8日、阿佐ヶ谷の-Asagaya / Loft Aにて開催された第1回は、MONOBRIGHTの桃野陽介と、元BEAT CRUSADERSで昨年末にMONOBRIGHTに電撃加入したヒダカトオルがゲストとして登壇し、USTREAMでの生中継も行なわれました。

 アークティック・モンキーズMGMTベル・アンド・セバスチャンアーケイド・ファイアなど、先述のムックCookie Scene Essential Guide『POP & ALTERNATIVE '00s 21世紀ロックへの招待』に掲載された10アーティストの楽曲を聴きながら、それらのアーティストの分析・解説を入れていくはずだった本イベントですが、開始早々に司会のサエキけんぞう自ら「テレビじゃないから大丈夫!」と本題から逸れた危険すぎるトークを連発! 早くも会場は爆笑の嵐に。それに応じつつも、見事に本題へと話題を移していくヒダカトオルの巧みな進行術に助けられながら、要所要所で“ご意見番”伊藤英嗣が池上彰よりわかりやすい解説を披露。エロの話と暗い話しかしていないことがバレ、一時は好感度が急落した桃野陽介は、後半になると唯一の20代として若者から見る洋楽観を語り、時には伊藤英嗣を唸らせる鋭い指摘を展開。最後には、会場とUSTREAMの視聴者に「洋楽・邦楽の壁がなくなってきている時代。以前より洋楽への入り口は広くなっているから、今まで洋楽に興味がなかったという人も気軽に聞いてみてほしい」とメッセージを送りました。

 USTREAM中継を終了させた後は、待ってましたとばかりに、更なる危険トークを炸裂させた4人! さすがに会場が引き始めたところで無事に幕を閉じました。

 MONOBRIGHTは、ヒダカトオル加入第1弾作品『淫ビテーションe.p.』が絶賛発売中。ヒダカトオルは、3月にソロ名義で初の単独公演(弾き語り篇とバンド篇!)を行なう予定。サエキけんぞうは、所属した伝説のニューウェイヴ・バンド、ハルメンズのボーナス・トラック付リイシュー盤『ハルメンズの近代体操+8』『ハルメンズの20世紀+8』初音ミクによるハルメンズのカヴァー・アルバム『初音ミク sings ハルメンズ』が発売中となっています。ある意味、洋楽への入り口に最適なこちらの作品も要チェックです!


サエキけんぞう×クッキーシーン presents 洋楽トーク
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015