ニュース

佐藤允彦と加藤真一が代官山のジャズ・バーで録音したアルバムを発表

佐藤允彦   2019/05/22 14:40掲載
はてなブックマークに追加
佐藤允彦と加藤真一が代官山のジャズ・バーで録音したアルバムを発表
 東京・代官山駅から徒歩8分、猿楽橋の袂に1994年から営業するジャズ・バー、LEZARD。店主のママが選んだ音楽とワインが楽しめる同店には、壁を壊して入れたというセミ・コンサート・グランド・ピアノが設置されており、過去に佐藤允彦前田憲男菅野邦彦らが弾いてきました。この店内で今年1月に録音された佐藤允彦(p)と加藤真一(b)のアルバム『Coda Tronca』(KK-001 2,500円 + 税)が7月17日(水)に発売されます。

 本作は、佐藤のオリジナルのほか、ミュージカル〈Too Many Girls〉のためにリチャード・ロジャースが作曲し、その後サラ・ヴォーンチャーリー・パーカーブラッド・メルドーらが取り上げている「I Didn't Know What Time It Was」、コール・ポーターの「Ev'rything I Love」、ウェイン・ショーターの「Pinocchio」など全11曲を収録。なお7月19日(金)にはLEZARDでアルバム発売を記念したライヴが行なわれる予定です。

■2019年7月17日(水)発売
佐藤允彦&加藤真一
『Coda Tronca』

CD KK-001 2,500円 + 税

[収録曲]
01. Ev'rything I Love
02. Flamingo
03. Nocturne 15℃
04. Gloria's Step
05. Pinocchio
06. Desert Ride #2
07. Le Cygne
08. I Didn't Know What Time It Was
09. Tangerine
10. Rhizomic Syndrome
11. Blackberry Winter
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015