ニュース

佐藤タイジが太陽光の電気を使ってライヴを開催

佐藤タイジ   2012/10/29 15:39掲載
はてなブックマークに追加
佐藤タイジが太陽光の電気を使ってライヴを開催
 THEATRE BROOK佐藤タイジが、10月27日(土)に東京・代々木公園で開催されたイベント〈earth garden“秋”2012〉にゲストとして出演、太陽光発電で生み出した電気を使ってライヴを行ないました。

 佐藤タイジは、きたる12月20日(木)に太陽光発電の電気のみを使ったライヴ〈THE SOLAR BUDOKAN〉を日本武道館で開催。今回はそのライヴに備え、公演当日に使用予定の電源システムを実際に試してみる公開実験的なイベントに。ライヴ用の電源は会場に用意された縦60cm×横100cmサイズの蓄電池ソーラー・パネル3基から供給。「蓄電池ピクニックへようこそ!」なるMCでライヴはスタートし、ニュー・アルバム『最近の革命』(12月12日発売予定)収録曲など、全5曲を披露。

 「太陽光発電だけで武道館ライヴをやることを思いついた、きっかけとなった曲です!」とコメントした「ありったけの愛」は、歌詞にキーワードとして“太陽”が出てくるTHEATRE BROOKの代表曲。コーラス部分では、集まったオーディエンスも一緒になって大合唱、音楽に合わせて楽しそうに踊る子供たちの姿も印象的なステージに。

 イベントのために作った新曲「100% SOLAR BUDOKANの歌」で約60分のイベントは終了。その後、前日から約8時間かけて充電された3基の蓄電池の残量をチェックすると、まだ60%近く残ってることもわかり、実験結果も上々。〈THE SOLAR BUDOKAN〉に向けて、まずは安心材料となりました。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015