ニュース

「志村けんが愛したブラック・ミュージック」追悼特別企画 志村けんインタヴュー再掲載

志村けん   2020/07/10 12:44掲載
はてなブックマークに追加
「志村けんが愛したブラック・ミュージック」追悼特別企画 志村けんインタヴュー再掲載
 音楽情報サイト“MUSIC LIFE CLUB”の「志村けんが愛したブラック・ミュージック」追悼特別企画として、7月10日(金)より、志村けんのインタヴューが再掲載されます。

 3月29日、あまりにも突然にこの世を去ったお笑い界の巨匠、志村けん。その急逝を受け、音楽情報サイト“MUSIC LIFE CLUB”では追悼企画として、かつて同社が刊行していた音楽&カルチャー雑誌「jam」で志村けんが執筆した、主にブラック・ミュージックのレコード評を隔週金曜公開の連載で再掲載しています。

 プリンス愛のペガサス』、マイケル・ジャクソンジャクソンズトライアンフ』から直近のチャカ・カーンノーティ(じゃじゃ馬馴らし)』まで好評を博しており、数多くのメディアでも取り上げられアクセス数もうなぎのぼり。そこで読書への謝恩特別企画として、志村けんが所属したイザワオフィスの了解のもと、同誌に掲載されたインタヴューを再掲載します。

[以下掲載記事より抜粋」
――現在の仕事と音楽が趣味であることの結びつきには?
直接には結びついてないかもしれないけど、自然と舞台の上の会話とかテンポなどにでてきますね。ドリフのメンバーも元バンド・マンだったから、そういう面では、テンポとかリズム感が合いますよ。

――思い出深い楽曲は?                    
オーティス・レディングの「セキュリティ」は妙に思い出に残ってる曲ですね。特にソウルに凝り始めたキッカケはオーティス・レディングが最初ですね。まぁ、一時、付き人辞めてスナックをやってたことがあるんですけど、そこのジューク・ボックスの中にその曲が入っていてね。朝、掃除する時から、その曲ばっかり聴いていましたヨ。

――ソウルに魅かれるのはどんなところですか?
今もそうですけど、最初はスローな曲が好きだったんですヨ。黒人の、あの叫ぶ声が良くてね。でも一日の雰囲気によって聴き分けています。朝なんてファンキーなのを聴いたり、酒飲む時はスローなのを聴いたりね。

Photo by Masashi Kuwamoto

MLC追悼特別企画 志村けんインタヴュー再掲載「jam」1980年9月号より
www.musiclifeclub.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015