ニュース

芳野藤丸を中心としたバンド“SHOGUN”、ライヴ・アルバム『アライヴ!』リリース

SHOGUN   2022/02/03 12:21掲載
はてなブックマークに追加
芳野藤丸を中心としたバンド“SHOGUN”、ライヴ・アルバム『アライヴ!』リリース
 数々の国内AORの名盤を生んだ芳野藤丸を中心に、腕利きのスタジオ・ミュージシャンを迎えて結成されたバンド、SHOGUNが、ライヴ・アルバム『アライヴ!』を2月16日(水)にリリース。

 プロデビュー50周年となる芳野藤丸。2022年はアニヴァーサリー・イヤーとなります。SHOGUN以外にも、ソロ名義のアルバムを4枚、AB’Sを結成し7枚のアルバムをリリース。いずれも国内AORの名盤として高い評価を得ています。特に2020年に発売された7作目『AB’S-7』は、前作『Blue』から13年ぶりの新作であり、新しい世代のファンを獲得しています。そういったファンの要望もあり、入手困難となっていた5作目『NEW』と前述の6作目『Blue』は2021年9月タワーレコード限定で再発売され大好評となりました。キャリアに裏付けされた揺るがないアーティスト性はこの時代にも脚光を浴びています。

 そして、アニヴァーサリー・イヤーの先頭に立つのが、このライヴ盤『アライヴ!』。SHOGUNには、ライヴ・アルバム(レコード、CD)が残されていません。SHOGUNでも、AB’Sでもメンバーは腕利きのスタジオ・ミュージシャンたち。グループ・アーティストとしての活動と並行して、スタジオ・ワークやライヴ・サポートなど、他のアーティストからも引っ張りだこ、超多忙なのです。

 ライヴ・アルバム制作には、スタジオ・ワークだけでは収まらない綿密で入念な準備が必要です。ゆえにオフィシャルなライヴ・アルバムが残されていないのかもしれません。CDの時代以降、DVD作品が多く発表されるようになります。SHOGUN名義で残されている貴重なライヴ音源はDVD作品として2タイトルがあります。それらは現在、入手が難しい状況。キャリアがあればこそ、豊富な作品群が残されているわけですが、そのどれもが容易に入手できる状態ではありません。入手困難の音源はぜひともクローズ・アップさせるべきです。その2タイトルのライヴ映像より、オーディオ・トラックだけを抜き出し、最新のマスタリングを施し、近年評価の高い高音質CD「UHQCD」仕様でのアルバム・リリースとなります。

ステップス・レコーズ
stepsllc1218.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
[インタビュー] 魚返明未&井上 銘、ピアニストとギタリスト、同い年で旧知の二人による和らぎのデュオ・アルバム[特集] ウエスト・サイド・ストーリー OST 名作ミュージカルをスピルバーグ監督が新たに映画化永遠の輝きを放つその音楽の魅力
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015