ニュース

シャムキャッツ、解散を発表 ベスト・アルバムをLPでリリース

シャムキャッツ   2020/06/30 14:39掲載
はてなブックマークに追加
シャムキャッツ、解散を発表 ベスト・アルバムをLPでリリース
 シャムキャッツが解散することを発表、2枚組LPとなるベスト・アルバム『大塚夏目藤村菅原』(2LP HRLP207〜8 5,000円 + 税)を9月16日(水)に発売。

 バンドの公式コメントと、各メンバーからのコメントも発表されました。

[バンドからのコメント]
突然の発表となり大変申し訳ありませんがシャムキャッツはその活動を終え、解散することをご報告させて頂きます。
昨年に10周年を迎え、元々本年はメンバーそれぞれの創造性の発展や活動の拡張に費やす予定ではありましたが、昨今の社会状況を鑑みつつ個人の理想の追求や抱える問題の解決をする為には、バンドというフォーマットを離れるべきと考え、メンバー全員で話し合い決断を致しました。
結成から十数年、さまざまな場所で出会い支えて下さった全ての皆様に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
なお今後もメンバーはそれぞれTETRA RECORDS等を通して自身の音楽の追求とカルチャーの発展に邁進して参りますので、暖かく見守って頂ければ幸いでございます。
最後になりますが、9月16日にベストアルバムを発売致します。
今まで皆様と共に歩んできたシャムキャッツの道程を総集し、お届け致します。
お楽しみ頂ければ幸いです。
今度ともよろしくお願い申し上げます。


[夏目知幸(vo,g)コメント]
今まで関わってくれたすべての皆さん、本当にどうもありがとうございました。
ずっと動き続けてきました。いろんな景色を見させてもらいました。全部俺の財産です。まだ見たことない景色があるとしたら、止まらないと見れない景色です。今、それをしっかり見ないといけないなと感じています。ちょっと寂しいけど、さよならです。
シャムキャッツをやれたことは、俺にとって、そして俺以外の人にとってもすごくいいことだったと思えます。俺たち、よくやった。色々大変だったけど、すげえおもしろかった。このバンドに青春の全てを捧げた事を誇りに思います。


[菅原慎一(vo, g)コメント]
まずは、このような結果になってしまいごめんなさい。ライブ、したかったです。

音楽は永遠に残ります。シャムキャッツが作った作品はこれからもずっと、いつでもあなたのそばにいます。
と同時に、誰のものでもなく、あらゆる座標に自由気ままに漂っているものが作品なんだと思います。
それはバンドで僕らが表現してきたことに似ている気がします。
好きなときに離れて、またいつでも好きなときに抱き寄せてくれたら嬉しいです。

高校生の時にこの4人で集まって以来、20年近く一緒にいた僕らです。
解散なんてもので、この関係はそう簡単にこわせません。

メンバーのみんな、本当にありがとう。
今まで応援してくれた皆さんから、両手から溢れてしまいそうな愛をたくさんもらってきました。本当にありがとう。

ありがとうございました。


[大塚智之(b)コメント]
シャムキャッツを通して出会い支えてくださった全ての方々に深く御礼申し上げます。
バンドという形での理想やロマンのようなものを追い求める事ができなくなってしまったのには少し寂しい気持ちもありますが、シャムキャッツを通して4人が共通して大切にしてきたものや、らしさはこの瞬間もそしてこれからも損なわれる事なく続いていくと言えます。
ヴォリュームは一旦0になるけど、電源は付いたまま。
もしかしたら別のチャンネルにしたら何か聴こえるかもしれません。
多分ずっとそんな感じです。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。


[藤村頼正(ds)コメント]
このバンドで世に出て行く事に決めてから10年と少し。それぞれが理想のバンド像を追い求めつつも互いに依り合い、まるでひとつの生き物である様に振る舞ってきました。それが時には怪物のように感じられる瞬間もあったかもしれません。僕自身も幾度となくそれを感じ、その度にこのバンドをやってて良かったと心から思うのでした。
正直、個人的にはまだやりてぇ!と言う気持ちはありましたが話し合いを重ね、今4人がひとりひとりに戻ってそれぞれの表現活動をしていくタイミングであると判断いたしました。
これまでお世話になった方は数えきれません。シャムキャッツと出会って頂き、本当にありがとうございました。


拡大表示


■2020年9月16日(水)発売
シャムキャッツ
『大塚夏目藤村菅原』

2LP HRLP207〜8 5,000円 + 税

[Side A]
01. GIRL AT THE BUS STOP
02. 完熟宣言
03. Coyote
04. MODELS
05. 忘れていたのさ

[Side B]
01. SUNNY
02. PM 5:00
03. Travel Agency
04. 我来了
05. AFTER HOURS
06. すてねこ

[Side C]
01. KISS
02. マイガール
03. Four O’clock Flower
04. Lemon
05. サマー・ハイ

[Side D]
01. 洗濯物をとりこまなくちゃ
02. アメリカ
03. このままがいいね
04. 逃亡前夜
05. 渚
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015