ニュース

SKE48、<SKE48に、今、できること>@赤坂BLITZ / 握手会@パシフィコ横浜をレポート!

SKE48   2011/05/06 14:10掲載
はてなブックマークに追加
SKE48、<SKE48に、今、できること>@赤坂BLITZ / 握手会@パシフィコ横浜をレポート!
 名古屋市・栄を中心に活動するアイドル・グループ、SKE48。5月2日(月)、単独コンサート<SKE48に、今、できること>を、東京・赤坂BLITZで、そして5月3日(火・祝)には「バンザイVenus」発売記念握手会をパシフィコ横浜で開催しました!

 昨年10月に開催された<SKE48は、汗の量はハンパじゃない。>以来、7ヵ月ぶりとなった東京での単独コンサート<SKE48に、今、できること>。単独コンサートでのお楽しみ、“お芝居コーナー”では矢神久美が主演を務める「久美の恩返し」を披露。後輩メンバーからも「矢神さんってバカですよね」と遠慮なく言われてしまうほど、そのおばかっぷりは有名な彼女、かつてはテストで毎回100点をとるほどの才色兼備だったという衝撃の事実が判明……! 困っているところを助けてくれたひとへの恩返しとして、脳細胞を犠牲にして機(はた / 秦佐和子が演じました)を織り、洋服を作り続けたため、現在のような残念なことに……。“にゃは〜ん”が生まれた瞬間、会場は爆笑と拍手喝采と相なりました!

 アンコールでは先日、名古屋公演で発表された夏の全国ツアーの詳細がサプライズ発表。会場は6会場ともZeppに決定し、それぞれの会場に2チームごと参加する、これまでにない形式のステージなることが明らかになると、会場からは驚きの歓声が。内容を知らされていなかったメンバーも、驚きながらも、夏に向けての決意を新たにした様子でした!


SKE48

SKE48

SKE48

SKE48


 そして続く5月3日(火・祝)、パシフィコ横浜で開催された握手会は、恒例のミニ・ライヴからスタート。まず1曲目は、team KIIによる「愛の数」。歌い終えると佐藤聖羅(team KII)は、「この曲は愛の大切さについて歌った曲です。家族や友達の大切さ、何か温かいものを感じてほしいです」とコメント。続いて、SKE48白組による「卒業式の忘れもの」、SKE48赤組による「誰かのせいにはしない」を元気いっぱいにパフォーマンス。

 MCでは、「バンザイVenus」がSKE48史上初となるオリコン週間ランキング初登場1位を記録したことについて、メンバーから報告と感謝の言葉が述べられ、大矢真那(team S)は「元気のない時、落ち込んでいる時はもちろん聴いてほしいんですが、ゴハンを食べる時に聞くとテンポよく食べられることを発見しました!」と楽曲の新しい楽しみ方をレコメン! また、「バンザイVenus」が“告白ソング”であることにちなみ、SKE48の今の気持ちを代表して告白して!というフリに松井玲奈(team S)は、会場に向かって大きな声で一言「大好きー!」と絶叫、会場中に集まったファンも笑顔に! ラストは「バンザイVenus」はじめ、シングル収録の全4曲が披露されました。

 東京での全国握手会を迎えて、松井珠理奈(team S)は、「ステージに上がると自分の声が聞こえない位の拍手と歓声で、私たちは名古屋を拠点に活動しているんですが、東京の会場でも沢山のファンの皆さんに応援してもらえて嬉しいです」と語りました!


SKE48

SKE48

SKE48
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015