ニュース

SPIV STATESワンマン・ライヴ<WARP @ ROCK PARTY>開催!

spiv states   2011/11/22 13:58掲載
はてなブックマークに追加
SPIV STATESワンマン・ライヴ<WARP @ ROCK PARTY>開催!
 SPIV STATESが11月17日(木)、東京・渋谷Star loungeにてワンマン・ライヴ<WARP @ ROCK PARTY>を開催! この日はメンバーのJUN(vo)の誕生日ということもあり、会場はSPIV STATESをこよなく愛する、通称“WARPちゃん”“WARPくん”で埋め尽くされました。

 SPIV STATESとしてのワンマン・ライヴは久々ということもあり、会場はお祝いムードと期待感が入り交じり、ファンのボルテージはJUNの登場前から最高潮に。キラキラしていてどこまでもポップ、イメージぴったりなSEでステージに現れたJUNは「全員楽しんでいこうぜ! OK?」と、「フタリノホシ」「HEART」「グライダー」と3曲立て続けに披露。

 「今日という日を心待ちにしていた」という言葉通りJUNはギターを片手にファンを指揮! 笑顔でパフォーマンスをする彼に対してファンも会場を揺らすほどのジャンプで応え、白熱のパフォーマンスは止まることなく続いていく。中盤で披露した「Charon-カロン-」ではそれまでの楽曲から一転、しっとりと歌い上げ、幻想的な雰囲気へ誘う。

 「愛してるかい? みんな今日はいつもより可愛いね」と語りかけ届けられたラスト3曲は、ここまで温存してきたとばかりにどこか体が動いてしまう、彼のポップ・センスが爆発した楽曲たち! これにはファンもお祭り騒ぎに!

 本編が終了し、当然のようにファンが求めたアンコールではSeiya(b)がJUNの母親からも貰ったコメントを披露するというサプライズな一幕も。和やかなムードの中アンコールに応えたJUNは「今日はとっても幸せ! みんなの顔全員覚えた!」と、最高にロックな誕生日を噛みしめるようにステージを締めくくりました。

 なお、SPIV STATESは11月24日(木)に「ニコニコ生放送」も敢行予定。こちらも忘れずにチェックを!(Photo By 西槇太一)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015