ニュース

スティーヴ・ガッド、来日公演をBLUE NOTE TOKYOにて開催中

スティーヴ・ガッド   2016/12/05 14:29掲載
はてなブックマークに追加
スティーヴ・ガッド、来日公演をBLUE NOTE TOKYOにて開催中
 完全無欠で唯一無二の音色、テクニック、グルーヴ。“ドラムを叩くために生まれてきた男”ことスティーヴ・ガッド(Steve Gadd)が、最新アルバム『WAY BACK HOME』を携え、自身のバンドを率いて、12月4日(日)から7日(水)までの4日間、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて来日公演を開催中。公演初日の様子とメッセージがYouTubeなどで公開されています。

 1970年代からカテゴリーを超えて活動し、スタッフガッド・ギャングなどを経て、1995年から2015年にかけてはエリック・クラプトンのツアー・バンドでも演奏。スティーヴ・ガッド・バンドはマイケル・ランドウジミー・ジョンソンジェームス・テイラー・バンドの同僚と結成したユニット。新キーボード奏者に注目の名手ケヴィン・ヘイズを迎えてからは初めての来日となる本公演。レジェンド・ドラマーの技のすべてが堪能できそうです。



スティーヴ・ガッド・バンド
“ウェイ・バック・ホーム” ツアー
featuring マイケル・ランドウ、ケヴィン・ヘイズ、ジミー・ジョンソン & ウォルト・ファウラー

www.bluenote.co.jp/jp/artists/steve-gadd

2016年12月4日(日)〜7日(水)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
チャージ 8,500円(税込 / 飲食代別)

[メンバー]
スティーヴ・ガッド(dr)
マイケル・ランドウ(g)
ケヴィン・ヘイズ(key)
ジミー・ジョンソン(b)
ウォルト・ファウラー(flgh, tp)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015