ニュース

元祖女性ロッカー、スージー・クアトロ新作発表

スージー・クアトロ   2006/01/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
元祖女性ロッカー、スージー・クアトロ新作発表
 「キャン・ザ・キャン」「ワイルド・ワン」など、キャッチーでイキのいいロックンロールを聴かせ、70年代に日本でも大きな人気を博したスージー・クアトロが、新作『バック・トゥ・ザ・ドライヴ』(写真)をリリースします。

 女性ロッカーの元祖として有名な彼女、男勝りのサディスティックなイメージが印象的ですが、それは新作でも健在の様子。今作には元スウィートのギタリスト、アンディ・スコットを迎え、自身の魅力であるポップでキャッチーな内容に仕上がっているとの評判です。4月からはデンマークを皮切りに欧州ツアーを開始することになっており、このアルバムのセールス次第では来日も期待できるかも?
 現在40代の方にはスージーで洋楽に目覚めた、という方も少なくないことでしょう。そんなファンも、最近の古ロック系コンピレーションで彼女に触れた若いファンも、普遍の魅力を備えたロックンロールを楽しみましょう。『バック・トゥ・ザ・ドライヴ』の発売は、UK盤が2月27日、国内盤(TOCP-66519 税込\2,548)が3月8日の予定です。

●『バック・トゥ・ザ・ドライヴ』収録予定曲
01. Back To The Drive
02. 15 Minutes Of Fame
03. Duality
04. I Don't Go Gentle
05. I'll Walk Through The Fire With You
06. Wasted Moments
07. Rockin' In The Free World
08. No Choice
09. Sometimes Love Is Letting Go
10. Dancing In The Wind
11. Free The Butterfly
12. Born Making Noise
※日本盤ボーナス・トラック収録予定
続報
スージー・クアトロの新作、国内盤発売日変更
国内盤の発売が3月15日に延期となりました。
[ 2006/03/06掲載 ]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』[特集] 半美子、今こそ“心のふるさと”に帰ろう、半美子初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015