ニュース

元祖女性ロッカー、スージー・クアトロ新作発表

スージー・クアトロ   2006/01/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
元祖女性ロッカー、スージー・クアトロ新作発表
 「キャン・ザ・キャン」「ワイルド・ワン」など、キャッチーでイキのいいロックンロールを聴かせ、70年代に日本でも大きな人気を博したスージー・クアトロが、新作『バック・トゥ・ザ・ドライヴ』(写真)をリリースします。

 女性ロッカーの元祖として有名な彼女、男勝りのサディスティックなイメージが印象的ですが、それは新作でも健在の様子。今作には元スウィートのギタリスト、アンディ・スコットを迎え、自身の魅力であるポップでキャッチーな内容に仕上がっているとの評判です。4月からはデンマークを皮切りに欧州ツアーを開始することになっており、このアルバムのセールス次第では来日も期待できるかも?
 現在40代の方にはスージーで洋楽に目覚めた、という方も少なくないことでしょう。そんなファンも、最近の古ロック系コンピレーションで彼女に触れた若いファンも、普遍の魅力を備えたロックンロールを楽しみましょう。『バック・トゥ・ザ・ドライヴ』の発売は、UK盤が2月27日、国内盤(TOCP-66519 税込\2,548)が3月8日の予定です。

●『バック・トゥ・ザ・ドライヴ』収録予定曲
01. Back To The Drive
02. 15 Minutes Of Fame
03. Duality
04. I Don't Go Gentle
05. I'll Walk Through The Fire With You
06. Wasted Moments
07. Rockin' In The Free World
08. No Choice
09. Sometimes Love Is Letting Go
10. Dancing In The Wind
11. Free The Butterfly
12. Born Making Noise
※日本盤ボーナス・トラック収録予定
続報
スージー・クアトロの新作、国内盤発売日変更
国内盤の発売が3月15日に延期となりました。
[ 2006/03/06掲載 ]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015