ニュース

the telephones、アレックス・ニューポートからコメントが到着!

telephones   2011/08/29 15:11掲載
はてなブックマークに追加
the telephones、アレックス・ニューポートからコメントが到着!
 the telephonesが10月12日にリリースする3rdアルバム『Rock Kingdom』のジャケットが完成! さらに、エンジニアをつとめた世界的に著名なエンジニア、アレックス・ニューポート(At the Drive-inDeath Cab for CutieThe Mars Voltaなどを手掛ける)からコメントが到着、「今回のレコーディングは、本当に楽しく、あっという間に過ぎ去ってしまいました。何年ものプロデューサー生活の中でも、こういった経験、時間を持てることは、なかなかありません。本当にありがとう。これからのみんなの更なる活躍を、NYから応援しています!」と言葉を寄せています。

 2008年5月、突然the telephonesに届いたのは、アレックス本人からの「テレフォンズとぜひ一緒に仕事がしたい」という熱烈なオファー! これをきっかけにタッグを組むこととなリ、ニューヨークにあるアレックスのスタジオで1ヵ月間に渡ってレコーディングが行なわれたいう『Rock Kingdom』。ぜひチェックを。


the telephones


<アレックス・ニューポートからコメント>
私がテレフォンズに、皆さんの曲が素晴らしいとemailさせて頂いたのが約3年前。今回、EMI、UK Projectの皆さんの温かいサポートを頂きながら、バンドと共にアルバムを作れたことを本当に嬉しく思っています。私は、彼らのソングライティングスキルが、アルバムごとに毎回凄く良くなっていると感じています。テレフォンズのアルバムはどれも本当に素晴らしいですが、『Rock Kingdom』は、私個人、テレフォンズが今までリリースされてきたなかでベストだと思っています。
『Rock Kingdom』には、色んなスタイルの曲がありますが、全ての曲がうまくフィット、融合し、とても素晴らしいアルバムに仕上がりました。更にバンド・メンバーには、今回が初NYということもありましたが、異国の地、全く違った文化の中に身を置き、そういうものから得るインスピレーション、アイデアたちを、テレフォンズの良さと一緒にアルバムの中に盛り込むことが出来たと思います。バンドメンバーは、本当に明るく、素晴らしい人たちばかりで、本当に楽しい日々を過ごさせて頂ました。

アキラは、バンドのキーパーソンであり、とても才能に長けた人物。
“Mr. Guitar Pedals”、そして“Golden Voice”の持ち主。

ノブさんは、NYでも、“The World Best / Famous Keyboardist / Dancer”だということを証明しました。レコーディング中に新たに、“Nobu the Golden Blaster”、“Nobu the Golden Fingers”と異名を取り、ワイルドな音色を奏でていましたね。

リョウヘイは素晴らしいベースプレーヤー。今回レコーディング中に、“Mr. One take”と言うニックネームを襲名し、全てのベース録りを全てワンテイク!?で仕上げてしまうほど、彼のプレイは圧巻でした。

セイジは色んなスタイルにも対応出来る優秀なドラマー。“Mr. お腹”と言うニックネームから、“Mr. Kick Drum”という名にスィッチし、クレイジーかつタイトなドラミングを終始キープ。素晴らしい。

今回のレコーディングは、本当に楽しく、あっという間に過ぎ去ってしまいました。何年ものプロデューサー生活の中でも、こういった経験、時間を持てることは、なかなかありません。本当にありがとう。これからのみんなの更なる活躍を、NYから応援しています!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015