ニュース

ティル・ブレナー&ボブ・ジェームス、初のコラボ・アルバム『オン・ヴァケーション』を発表

ティル・ブレナー   2020/10/16 13:34掲載
はてなブックマークに追加
ティル・ブレナー&ボブ・ジェームス、初のコラボ・アルバム『オン・ヴァケーション』を発表
 ニール・ダイアモンドのカヴァー「セプテンバー・モーン」を9月に発表し、話題を呼んだティル・ブレナー(Till Brönner)とボブ・ジェームス(Bob James)が、初のコラボレーション・アルバム『オン・ヴァケーション』を10月30日(金)にデジタル・リリース。アントニオ・カルロス・ジョビン作曲の「ツィンガロ」をボーナス・トラックとして追加収録した国内盤CD(CD SICJ-30021 2,500円 + 税)が12月23日(水)に発売されます。また、アルバム収録曲「ベイズン・ストリート・ブルース」が10月16日(金)に公開されました。

 1926年に発表されたスペンサー・ウィリアムズ作曲の「ベイズン・ストリート・ブルース」は、ルイ・アームストロングら大勢のミュージシャンが演奏してきたスタンダード・ナンバー。アルバムには、公開された「ベイズン・ストリート・ブルース」「セプテンバー・モーン」のほか、サド・ジョーンズサラ・ヴォーンらが取り上げた「イフ・サムワン・ハド・トールド・ミー」のカヴァー、ブレナーとジェームスによるオリジナルなど全14曲を収録。レコーディングは2019年9月に南仏プロヴァンスのサン・レミにあるスタジオ「ラ・ファブリーク(La Fabrique)」で行なわれました。このスタジオは200年ほど前に建てられた荘園領主邸内にあり、シャルル・アズナヴールニック・ケイヴもここで録音しました。ゴッホやモネら南仏の自然に魅了され傑作を生みだした芸術家と同様、ティル・ブレナーもプロヴァンスの光と空気にインスピレーションをうけ、「これまでのレコーディングとは、全く違うものになった」と語っています。

 ブレナーがトランペットとフリューゲルホルンのほか、3曲でヴォーカルを披露。ジェームスがピアノとキーボードを担当したほか、2人のベーシストと、ハーヴィー・メイソンヴォルフガング・ハフナーら3人のドラマーがレコーディングに参加しました。

Photo by Gregor Hohenberg

「ベイズン・ストリート・ブルース」再生・購入リンク
sonymusicjapan.lnk.to/BasinStreetBlues
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015