ニュース

俊英ギタリスト徳永真一郎、デビュー・アルバム『テリュール』リリース

徳永真一郎   2018/07/24 12:09掲載
はてなブックマークに追加
 ストラスブールとパリで研鑽を積み、国内外のコンクールで優秀な成績を収める俊英ギタリスト・徳永真一郎がデビュー・アルバム『テリュール』(MM-4038 3,000円 + 税)を7月25日(水)にリリース。

 本作は、日本を代表するギター奏者・福田進一のプロデュースで優れた若手奏者を高音質で紹介する“福田進一ディスカバリー・シリーズ”の第3弾。スペインのギター音楽を中心に、縁深いフランスの作品を組み合わせ、R.S.デ・ラ・マーサやE.S.デ・ラ・マーサ、F.ド・フォッサ、A.ホセ、ディアンスF.クープランらの作品を経て、タイトル・トラックとなっている現代の作曲家ミュライユによる難曲「テリュール」で締めくくる構成です。福田は「徳永君は駿馬を思わせる颯爽とした技巧の冴と繊細な叙情に満ちた歌のセンスを併せ持ったギタリスト」と評しています。

 徳永はアルバム収録曲を含むリサイタルを7月29日(日)福岡・なみきスクエア 大練習室、8月19日(日)徳島・北島町立図書館 創世ホールで開催。加えて、東京・富ヶ谷 Hakuju Hallで8月末から9月頭にかけて開催される〈第13回 Hakuju ギター・フェスタ2018 イタリア2 〜Musica Italiana!〉における9月1日(土)の公演“旬のギタリストを聴く”にも出演。9月30日(日)には、東京・渋谷 タワーレコード渋谷店 7Fで入場無料のミニ・ライヴ&サイン会も予定されています。

■2018年7月25日(水)発売
徳永真一郎
テリュール

MM-4038 3,000円 + 税

[収録曲]
01. R.S.デ・ラ・マーサ: サパテアード
02. R.S.デ・ラ・マーサ: ペテネーラ
03. R.S.デ・ラ・マーサ: ロンデーニャ
04. E.S.デ・ラ・マーサ: 暁の鐘
05. F.ド・フォッサ: ファンタジー第1番op.5
06. A.ホセ: ソナタ
07. ディアンス: サウダージ第2番
08. F.クープラン: クラヴサン曲集第2巻〜神秘的なバリケード
09. ミュライユ: テリュール


[演奏]
徳永真一郎(g)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015