ニュース

『ブラバン!甲子園』最新作は、初の高校生が演奏!

東京佼成ウインドオーケストラ   2011/07/05 14:47掲載
はてなブックマークに追加
 高校野球のスタンドでブラバン部員が演奏する応援曲を集めたCD『ブラバン!甲子園』。2007年夏に第1作が発売され「ありそうでなかったCD!」と評判になり、15万枚を超える大ヒットを記録! 以降は毎年リリースされ、ベスト盤や東京六大学野球編など、これまでに関連作品11枚発表されるほどの人気シリーズから最新作が登場! 『ブラバン!甲子園U-18』が7月6日(水)に発売されます。

 これまでの『ブラバン!甲子園』シリーズは全て、東京佼成ウインドオーケストラが演奏していましたが、本作ではじめて“イチカシ吹奏楽部”こと、千葉県の柏市立高校吹奏楽部が演奏を担当することに。同吹奏楽部は高校吹奏楽界の中でもNo.1の実力と人気をほこります(タイトルの『U-18』は演奏メンバー全員が18歳以下ということから!)。

 収録曲は、イチカシ吹奏楽部の十八番でもある「サウスポー」や「ルパン三世のテーマ'78」から、「会いたかった」や「じょいふる」などの最新J-POP曲、「狙いうち」や「どか〜ん」といった野球ブラバン界の定番曲まで。高校生らしい若さと迫力ある演奏でじっくり聴かせてくれます。

 面白いのは、甲子園で最も演奏頻度の高い名曲「アフリカン・シンフォニー」のアカペラ・ヴァージョンを収録しているところ。これは、ブラバンなどの鳴り物を自粛した、この春のセンバツ大会を再現しています。

 ジャケットはシリーズ第1作以来のマンガ家・柏木ハルコが担当し、真夏の炎天下のもと、懸命に演奏するブラバン部員の熱い姿を描いており、バックボードには今春のセンバツ大会のキャッチフレーズとなった「がんばろう!日本」も! また、このCDの売り上げの一部は、「みやぎびっきの会」などを通じて、東日本大震災で被災した子どもたちの楽器のリペアなどにも寄付されるとのこと。


ブラバン!甲子園
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015