ニュース

ユニコーン、山形“だけ”のワンマン・ライヴ開催&4月発売映像作品の詳細公開

ユニコーン(JP)   2020/02/21 13:28掲載
はてなブックマークに追加
ユニコーン、山形“だけ”のワンマン・ライヴ開催&4月発売映像作品の詳細公開
 ユニコーンが、2020年初のライヴとして、山形“だけ”でのワンマン・ライヴ〈んだフェス 〜新館さんいらっしゃい!〜〉を4月30日(木)、5月1日(金)の2日間にわたって開催すると発表。両日とも、山形・山形県県民会館の閉館に伴い3月に開館する山形・やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)での開催となります。

 2019年、全国ツアー時の山形公演では、57年の歴史を刻んだ山形・山形県県民会館(やまぎんホール)閉館に際し、会館の最後を飾ったユニコーン。リーダーであるABEDONが山形出身という縁もあり、30年前に行なわれた全国ツアーの最終日や、約10年前にバンドが再始動した際の全国ツアー初日など、これまでも山形で数々の特別なステージを作ってきました。今回のワンマン・ライヴは全国ツアーではなく、山形での2日間だけというライヴになるため、貴重な公演となりそうです。

 また、ワンマン・ライヴの開催発表にあわせて、4月22日(水)に発売される映像作品『MOVIE38 ユニコーン100周年ツアー“百が如く”』(完全生産限定盤 Blu-ray KSXL-291〜4 18,000円 + 税 / 完全生産限定盤 DVD KSBL-6341〜4 16,000円 + 税 / 通常盤 Blu-ray KSXL-295〜7 15,000円 + 税 / 通常盤 DVD KSBL-6345〜7 13,000円 + 税)の詳細も公開されています。本作は2019年に行なわれた全国50公演に及ぶツアー〈100周年ツアー“百が如く”〉を収録したもので、東京・日本武道館、大阪・大阪フェスティバルホールの2公演がアンコールを含め完全収録。さらに、DISC3「100周年ドキュメント」には、前述の2019年山形・山形県県民会館公演をはじめとするツアー会場やレコーディング・スタジオでのメンバーを追い続けた映像が約100分にわたって収録されているなど、“ユニコーン100周年イヤー”を総括する内容となっています。詳しくはオフィシャル・サイトでご確認ください。

拡大表示
拡大表示


『MOVIE 38 ユニコーン100周年ツアー“百が如く”』特設サイト
www.unicorn.jp/special/100th/movie38
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015