ニュース

〈ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール〉覇者のヴァディム・ホロデンコが10月に来日

ヴァディム・ホロデンコ   2016/09/06 14:10掲載
はてなブックマークに追加
〈ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール〉覇者のヴァディム・ホロデンコが10月に来日
 2013年に〈ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール〉で優勝を飾ったピアニストのヴァディム・ホロデンコ(Vadym Kholodenko)が、10月に2年ぶりとなる来日コンサートを開催。10月7日(金)に東京・江東 豊洲シビックセンターホール、10月10日(月・祝)に福井・三方群 美浜町生涯学習センターなびあすでリサイタルを催し、10月8日(土)には京都・清水寺本堂で行われる〈清水寺奉納コンサート〉に出演します。

 ホロデンコは、1986年ウクライナのキエフに生まれ、2010年〈仙台国際音楽コンクール〉、2011年〈シューベルト国際ピアノコンクール〉、そして2013年〈ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール〉など、数多くの国際コンクールで優勝・受賞を重ねる気鋭のピアニスト。世界各地でリサイタル、オーケストラ公演のソリストとして活躍するほか、室内楽活動も積極的に行なっており、2007年に結成したアンドレ・ググニンとのピアノ・デュオ“iDuo”では〈サンマリノ国際ピアノコンクール〉(2008年)において第2位を獲得しました。最新のアルバムは『プロコフィエフ: ピアノ協奏曲第2番、5番』(HMU-807631 / 輸入盤)で、曲芸的ともいえる超絶技巧と内省的なピアニズムの両面を披露しています。

 10月7日(金)と10月10日(月・祝)のリサイタルでは、ショパンのノクターンやスケルツォ、リストの超絶技巧練習曲、スクリャービンのソナタなどを演奏予定。完璧な技巧と豊かな詩情、そして知的かつ繊細なホロデンコの世界を堪能できる時間となるでしょう。10月8日(土)の〈清水寺奉納コンサート〉では、ソプラノ歌手・野原広子の歌うイタリア歌曲および日本の歌の伴奏として出演するほか、ピアノ・ソロとしてラフマニノフの「音の絵」も演奏予定です。

ヴァディム・ホロデンコ ピアノリサイタル

・2016年10月7日(金)
東京 江東 豊洲シビックセンターホール(5F)
開演 19:00
fazioli.co.jp/news/2016/10/Kholodenko-Toyosu.html

・2016年10月10日(月・祝)
福井 三方群 美浜町生涯学習センターなびあす
開演 14:00
fazioli.co.jp/news/2016/10/Kholodenko-Navius.html

[曲目]
ショパン: 子守歌、ノクターンop.15-2,3, op.48-1,2, スケルツォ第1 & 4番
リスト: 超絶技巧練習曲より第9番「回想」, 6番「幻影」, 5番「鬼火」
スクリャービン: ソナタ第4番op.30、第5番op.53

[演奏]
ヴァディム・ホロデンコ(p)


清水寺奉納コンサート
fazioli.co.jp/news/2016/10/108.html

2016年10月8日(土)
京都 清水寺本堂
開演 20:00

[曲目]
プッチーニ: 『蝶々夫人』より「ある晴れた日に」
ロッシーニ: フィレンツェの花売り娘
山田耕筰: 鐘が鳴ります
越谷達之助: 初恋
ラフマニノフ: 『音の絵』op.33 & op.39より
ほか

[出演]
野原広子(S) / ヴァディム・ホロデンコ(p)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』
[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー!
[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015