ニュース

ウィーン少年合唱団、今年の日本ツアーの全曲目決定

ウィーン少年合唱団(Vienna Boys' Choir)   2019/02/05 12:48掲載
はてなブックマークに追加
ウィーン少年合唱団、今年の日本ツアーの全曲目決定
 500年以上の歴史と伝統を誇り、ウィーンの音楽大使として世界中の人々に親しまれるウィーン少年合唱団が、4月末より日本ツアーを開催。その全曲目が発表されています。

 今年は、日本とオーストリアの友好150年を祝う特別な年。それを記念し、日本の皇室とも深い縁をもつウィーン少年合唱団ならではの2つのプログラムが用意されています。

 プログラムAは、山本正美(美智子皇后陛下御作詞)「ねむの木の子守歌」や滝 廉太郎「荒城の月」、岡野貞一「ふるさと」など日本の名曲を含むプログラムを、そしてプログラムBでは、皇后陛下御作曲、天皇陛下御作詞の「歌声の響」や、バーンスタイン『ウェスト・サイド・ストーリー』より「サムウェア」といったミュージカル・ナンバー、水野良樹いきものがかり)「YELL」などのポピュラーソングを、それぞれウィーンの名曲とともにブルックナー組(カペルマイスター: マノロ・カニン)が歌います。

©www.Lukasbeck.com

キヤノンマーケティングジャパングループ Presents
ウィーン少年合唱団
WIENER SÄNGERKNABEN Japan Tour 2019

www.japanarts.co.jp/wsk2019/index.html

[プログラムA 曲目]
第1部 Part 1
オルフ: 『カルミナ・ブラーナ』より「おお、運命の女神よ」
ヴィアダーナ: 正しき者よ主によって喜べ
メンデルスゾーン: 羊飼いはよみがえられた
ハイドン: オラトリオ『天地創造』より「天は神の栄光を語り」
ブラームス: 『3つの宗教合唱曲』より「喜ばしき天の女王」
ブラームス: 詩篇13番
ラウル・ゲーリンガー: 死と愛
バンキエーリ: 3声のためのカプリース、動物たちの対位法
第2部 Part 2
ピアソラ: リベルタンゴ
カプッロ: オー・ソレ・ミオ
ロジャーズ: 映画『サウンド・オブ・ミュージック』より「エーデルワイス」
滝廉太郎: 荒城の月
山本正美(皇后陛下御作詞): ねむの木の子守歌
岡野貞一: ふるさと
ヴィルト: Peace within(内なる平和)
オーストリア民謡: 納屋の大戸
ヴンシュ: 今日、天使たちがウィーンにやってくる
ヨーゼフ・シュトラウス: 水兵のポルカ
J.シュトラウスII: 雷鳴と稲妻
J.シュトラウスII: 美しく青きドナウ

[プログラムB 曲目]
第1部 Part 1
『ピエ・カンツィオーネス』より「喜びたまえ」
パーセル: 来たれ、汝ら芸術の子らよ
アイブラー: サバの人々は来たる
シューマン: タンバリンをたたく少女
シューマン: 兵士の花嫁
シューマン: 聖堂
ウェルナー: 野ばら
ジルヒャー: ローレライ
ビーブル: アヴェ・マリア
第2部 Part 2
プリカッス他: ア・ワンダフル・デイ
エルトン・ジョン: 『ライオン・キング』より「愛を感じて」
マクダーモット: レット・ザ・サンシャイン・イン
バーンスタイン: 『ウェスト・サイド・ストーリー』より「サムウェア」
ウィテカー: アシカの子守唄
水野良樹(いきものがかり): YELL
皇后陛下御作曲(天皇陛下御作詞): 歌声の響
岡野貞一: ふるさと
J.シュトラウスII: トリッチ・トラッチ・ポルカ
J.シュトラウスII: ハンガリー万歳
J.シュトラウスII: 美しく青きドナウ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015