ニュース

ヴィルデ・フラング、バルトークのヴァイオリン協奏曲とエネスコの弦楽八重奏曲をリリース

ヴィルデ・フラング   2018/09/14 11:14掲載
はてなブックマークに追加
 “ノルウェーの妖精”と称されるヴァイオリニストのヴィルデ・フラング(Vilde Frang)が、最新アルバム『バルトーク: ヴァイオリン協奏曲第1番、エネスコ: 弦楽八重奏曲』(WPCS-13793 2,800円 + 税)を9月19日(水)にリリース。

 1986年ノルウェーに生まれ、12歳でマリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)指揮オスロ・フィルハーモニー管弦楽団にデビューしたフラング。コーリャ・ブラッハー(Kolja Blacher)、アナ・チュマチェンコ(Ana Chumachenco)に師事し、内田光子アンネ=ゾフィー・ムター(Anne-Sophie Mutter)の薫陶を受け、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団など、世界中の主要オーケストラと共演。室内楽奏者としても活動し、ザルツブルク、ヴェルビエ、ルツェルン、BBCプロムス、ラインガウ、ロッケンハウス、エネスコ、プラハの春などの著名音楽祭にたびたび出演しているほか、2016年の〈メクレンブルク=フォアポンメルン音楽祭〉ではアーティスト・イン・レジデンスも務めています。

 本作は、バルトークの死後に元恋人の遺品から発見されたヴァイオリン協奏曲第1番と、20世紀前半の三大ヴァイオリニストの一人でもあるエネスコが作曲した弦楽八重奏奏曲を収録。フラングの魅力である、透き通るような美しい音色と超絶技巧を存分に堪能できる内容です。

■2018年9月19日(水)発売
ヴィルデ・フラング
バルトーク: ヴァイオリン協奏曲第1番、エネスコ: 弦楽八重奏曲

WPCS-13793 2,800円 + 税

[収録曲]
01. バルトーク: ヴァイオリン協奏曲第1番 BB 48a
02. エネスコ: 弦楽八重奏曲ハ長調op.7


[演奏]
01: ヴィルデ・フラング(vn) / ミッコ・フランク指揮フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
02: ヴィルデ・フラング、エリック・シューマン, ガブリエル・レ・マガドゥーレ, ロザンヌ・フィリペンズ(vn) / ローレンス・パワー, リリー・フランシス(va) / ニコラス・アルステット, ジャン・エリック・グスタフソン(vc)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015