ニュース

ヴィルデ・フラング、バルトークのヴァイオリン協奏曲とエネスコの弦楽八重奏曲をリリース

ヴィルデ・フラング   2018/09/14 11:14掲載
はてなブックマークに追加
 “ノルウェーの妖精”と称されるヴァイオリニストのヴィルデ・フラング(Vilde Frang)が、最新アルバム『バルトーク: ヴァイオリン協奏曲第1番、エネスコ: 弦楽八重奏曲』(WPCS-13793 2,800円 + 税)を9月19日(水)にリリース。

 1986年ノルウェーに生まれ、12歳でマリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)指揮オスロ・フィルハーモニー管弦楽団にデビューしたフラング。コーリャ・ブラッハー(Kolja Blacher)、アナ・チュマチェンコ(Ana Chumachenco)に師事し、内田光子アンネ=ゾフィー・ムター(Anne-Sophie Mutter)の薫陶を受け、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団など、世界中の主要オーケストラと共演。室内楽奏者としても活動し、ザルツブルク、ヴェルビエ、ルツェルン、BBCプロムス、ラインガウ、ロッケンハウス、エネスコ、プラハの春などの著名音楽祭にたびたび出演しているほか、2016年の〈メクレンブルク=フォアポンメルン音楽祭〉ではアーティスト・イン・レジデンスも務めています。

 本作は、バルトークの死後に元恋人の遺品から発見されたヴァイオリン協奏曲第1番と、20世紀前半の三大ヴァイオリニストの一人でもあるエネスコが作曲した弦楽八重奏奏曲を収録。フラングの魅力である、透き通るような美しい音色と超絶技巧を存分に堪能できる内容です。

■2018年9月19日(水)発売
ヴィルデ・フラング
バルトーク: ヴァイオリン協奏曲第1番、エネスコ: 弦楽八重奏曲

WPCS-13793 2,800円 + 税

[収録曲]
01. バルトーク: ヴァイオリン協奏曲第1番 BB 48a
02. エネスコ: 弦楽八重奏曲ハ長調op.7


[演奏]
01: ヴィルデ・フラング(vn) / ミッコ・フランク指揮フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
02: ヴィルデ・フラング、エリック・シューマン, ガブリエル・レ・マガドゥーレ, ロザンヌ・フィリペンズ(vn) / ローレンス・パワー, リリー・フランシス(va) / ニコラス・アルステット, ジャン・エリック・グスタフソン(vc)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015