ニュース

映画「裸足の季節」6月公開 ウォーレン・エリス(DIRTY THREE)が音楽を担当

ウォーレン・エリス   2016/05/20 15:13掲載
はてなブックマークに追加
映画「裸足の季節」6月公開 ウォーレン・エリス(DIRTY THREE)が音楽を担当
 初監督作にも関わらず〈アカデミー賞〉フランス代表に選出され、“外国語映画賞”にノミネートされた新鋭デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督作品「裸足の季節(原題: MUSTANG)」が、いよいよ日本でも6月11日(土)より東京・シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて順次公開。

 「裸足の季節」は、囚われの身となった5人姉妹の少女たちが自由を取り戻すために奮闘する姿を、思春期特有の瑞々しさと美しい映像で描く作品。昨年の〈カンヌ国際映画祭〉“監督週間”での上映をきっかけに各国で注目を浴び、すでに第21回〈リュミエール賞〉“新人女優賞”、第46回〈インド国際映画祭〉“主演女優賞”、第21回〈サラエヴォ映画祭〉“主演女優賞”、第5回〈サハリン国際映画祭〉“主演女優賞”など、数々の映画祭での受賞を果たしています。

 同作の音楽を担当しているのは、ニック・ケイヴ率いるTHE BAD SEEDSGRINDERMAN、インストゥルメンタル・トリオDIRTY THREEなどの一員として知られるマルチ・インストゥルメンタリスト、ウォーレン・エリス。舞台作品の音楽を手がけていたエリスは、ジョン・ヒルコート監督作『プロポジション -血の誓約-』(2005)をはじめ、アンドリュー・ドミニク監督作『ジェシー・ジェームズの暗殺』(2007)、『ノーカントリー』でおなじみコーマック・マッカーシー原作の『ザ・ロード』(2009)ジョン・ヒルコート監督作『欲望のバージニア』(2012)、ピーター・ジャクソン監督がプロデュースに携わったドキュメンタリー映画『ウエスト・オブ・メンフィス 自由への闘い』(2012)などの作品でニック・ケイヴと共にスコアを制作。「裸足の季節」では、初めて単身での制作に挑戦しています。他作品からのオファーも多数抱え、一度は本作の依頼を断りかけたエリスを説得したのは、妻のデルフィーヌ・シャンピ。「裸足の季節」の音楽は、妻の直感を信じて他作品での仕事を断ってまで制作したものとなっています。

 同作を日本公開に先駆けて鑑賞したデルフィーヌ・シャンピの母・岸 惠子は、「こんな素晴らしい作品、なかなかお目にかかれない」と絶賛。エルギュヴェン監督もエリスの音楽について「ウォーレン・エリスの音楽には、それ自体に物語の力があります」と賛辞を贈っています。


©2015 CG CINEMA - VISTAMAR Filmproduktion - UHLANDFILM - Bam Film - KINOLOGY

「裸足の季節」
6月11日(土)より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他全国順次ロードショー
www.bitters.co.jp/hadashi

[あらすじ]
13歳のラーレは5人姉妹の末っ子。10年前に両親を事故で亡くし、いまは祖母の家で叔父とともに暮らしている。学校生活を謳歌していた美しい姉妹たちはある日突然、家に閉じ込められてしまう。古い慣習と封建的な思想のもと、電話を隠され、扉には鍵がかけられ、自由を奪われた「カゴの鳥」となった彼女たちは、ひとりひとり見知らぬ男のもとへと嫁がされる。ラーレは自由を取り戻すべく、ある計画を立てる……。


監督: デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン
音楽: ウォーレン・エリス
出演: ギュネシ・シェンソイ / ドア・ドゥウシル / トゥーバ・スングルオウル / エリット・イシジャン / イライダ・アクドアン / ニハル・コルダシュ / アイベルク・ペキジャン
原題: MUSTANG 2015年 / フランス トルコ ドイツ / 94分
提供: ビターズ・エンド / サードストリート
配給: ビターズ・エンド
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015