リサーチ

“NO WAVE”って何だ!?

2007/05/25掲載
はてなブックマークに追加
70年代後半、NYアンダーグラウンド・シーンで発生した“アート・パンク”ムーヴメント“NO WAVE”。70年代後半〜80年代のポストパンク・シーンとそこから多大な影響を受けたアーティストの証言を集め、検証したドキュメンタリー映画『KILL YOUR IDOLS』のDVDリリースや、シーンのカリスマ的存在、ジェイムス・チャンスの再来日公演(6月13日/渋さ知らズ大オーケストラにゲストとして出演)を控え、CDJournal.comが“NO WAVE”とその影響を受けたバンドたちをご紹介します。
 すべてがここからスタートした、ともいえるNO WAVEムーヴメントが世に知られたきっかけとなったアルバムが、ブライアン・イーノ(ロキシー・ミュージックほか)がプロデュースしたアルバム『NO NEW YORK』(78年)。ジェイムス・チャンス&コントレーションズリディア・ランチが在籍したティーンエイジ・ジーザス&ジャークス、D.N.A(アート・リンゼイイクエ・モリ在籍)、マーク・カニンガムマーズ、これら4バンドが参加、70年代パンクの影響を特に精神面で強く受けながらも、その影響からもかけ離れた音楽性/表現に驚かされ、初めて“ポスト・パンク”という言葉で語られた名盤です。

 また、当時をうかがうことができる音源として、『NO NEW YORK』以外にもZE RECORDSより79年から83年のリリース音源をリマスター/コンパイルした『NEW YORK NO WAVE』もオススメ。当時ニューヨークでいちはやくパンクに触れていたフランス人Rosa Yemen(リズィー・メルシエ=デクルー)やコントーションズも収録されています。これらの音源を聴いてもわかるように“NO WAVE”とカテゴライズされるバンドは特にファンク、ジャズ、パンクといった音楽スタイルからの影響を受けていると語られることが多いのですが、映画『KILL YOUR IDOLS』劇中でリディア・ランチが「過去を参考にしなかった」と語り、アート・リンゼイが「(自分たちは)ミュージシャンではない」とはっきりとコメントしていることでもわかるようにアート指向も強く、音楽的なテクニックが重要視されることは少なく、パフォーマンス性の強い当時のオルタナティヴな表現でした。(写真左/『NO NEW YORK』 写真右/『NEW YORK NO WAVE』)

 映画では、“第二世代”とでも呼ぶべき80年代ニューヨーク・アンダーグラウンド・シーンから世に出たノイズ・ロック・バンドたち……ソニック・ユース(サーストン・ムーアリー・ラナルド)、マイケル・ギラ(スワンズ)、フィータスらのインタビューを収録。彼らが体験した“NO WAVE”を振り返っています。その後本編では“第三世代”ともいえる若い世代、ストロークスヤー・ヤー・ヤーズライアーズといった2000年代のニューヨーク・シーンを象徴するバンドも紹介し、いまだに大きな“NO WAVE”の影響力がわかるはずです。(写真はソニック・ユースの『Confusion Is Sex』)

 映画では触れられることはありませんでしたが、80年代当時日本では“USジャンク”との言葉で紹介されていたミッシング・ファウンデーション(MISSING FOUNDATION/のちにDisassociate<ディサソシエイト>にMF在籍メンバーが参加)や、NYからシカゴに飛び火したスティーヴ・アルビニビッグ・ブラックも“NO WAVE”の影響を感じさせる“第二世代”のバンドと呼べます。さらにスワンズ中期のドラマー、テッド・パーソンズは、プロングゴッドフレッシュのメンバーとして活躍。彼らのパンク/ノイズ/インダストリアル的なアプローチは90年代にヘルメットアンセインといったバンドへと派生し、受け継がれたともいえるのではないでしょうか。さらにティーンエイジ・ジーザス&ジャークスにも参加していたレックが日本に“NO WAVE"をもたらし、フリクションAunt Sally(アーント・サリー/Phewが在籍) といった東京ロッカーズ/パス・レコード周辺のバンドもお忘れなく。

 これらのバンドはソニック・ユースに代表されるいわゆるオルタナティヴ・ミュージックが市民権を得た今では、“アンダーグラウンド”という意味において、より精神性を受け継いだ生粋の“NO WAVE”バンドとも呼べるかもしれませんね。(写真はMISSING FOUNDATIONの2nd『1933 Your House Is Mine』(88年))■監督 S.A.クレーリーのインタビューが掲載された本誌CDジャーナル3月号はこちら

■「渋さ知らズ大オーケストラ」ゲスト:ジェイムス・チャンス
2007/6/13(水) 渋谷 C.C. Lemon ホール(渋谷公会堂)
18:00開場 18:45開演
前売 S席4,800円 A席4,300円(税込)
プランクトン、チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットにて発売中
お問い合わせ:プランクトン 03-3498-2881
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015