リサーチ

1月23日は“ワン・ツー・スリー”…… 「123」をタイトルに冠した楽曲は?

2023/01/23掲載
はてなブックマークに追加
「123」が曲名となっている歌を教えてください。
 1月23日は、1、2、3と数字が並んでいて、語呂合わせの良い日。ということで、タイトルに「123」を冠した楽曲をいくつか紹介したいと思います。

 まずは、“ポケモン”の名で世界的人気を博しているメディアミックス作『ポケットモンスター』から、アニメ『ポケットモンスター』のオープニング・テーマに起用されたのが、After the Rainの「1・2・3」(ワン・ツー・スリー)で、2019年12月にデジタル・リリースされました。楽曲を手掛けたのは、歌い手 / シンガー・ソングライターのまふまふ。同曲は、その後に西川貴教T.M.Revolution)と鬼龍院翔ゴールデンボンバー)のユニット“西川くんとキリショー”や、当時乃木坂46のメンバーだった生田絵梨花松村沙友理からなるユニット“からあげ姉妹”を経て、2022年3月よりサトシ役の松本梨香とゴウ役の山下大輝による“サトシ&ゴウ”が歌い継いでいます。

 「カルピスウォーター」のCMソングで話題となったのが、いきものがかりの「1 2 3〜恋がはじまる〜」。25thシングルとして2013年にリリースされ、メジャー6thアルバム『I』に収録されています。同じくCMソングとしては、Samantha Thavasa「サマンサタバサリゾート ゴルフ&トラベル」CMソングに起用されたE-girlsの「One Two Three」があります。

 やはり語呂の良さも手伝ってか、時代やジャンルを問わず、多くのアーティストが「123」と曲名に付けている様子。稲垣潤一の1988年発表のシングル「1・2・3」をはじめ、Mr.Children「one two three」(アルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』に収録)、NHK『みんなのうた』で放送されたbless4の「123」(アルバム『ALL 4 ONE』に収録)、BONNIE PINK「1・2・3」(アルバム『Even So』に収録)、モーニング娘。の記念すべき50枚目のシングルとなった「One・Two・Three」(「One・Two・Three / The 摩天楼ショー」に収録)、LOVE PSYCHEDELICOの「1 2 3」(アルバム『LOVE YOUR LOVE』に収録)や、韓国のボーイズ・ユニット“NCT”からの派生ユニットのNCT DREAMにも「123」という楽曲があります。

 「123」に何か付け加えた形の曲名では、ウルフルズが2019年リリースのアルバム『ウ!!!』にて「ワンツースリー天国」を、遊助が高校時代の野球部の後輩の松坂大輔がミュージック・ビデオに出演したことでも話題となった2015年の18thシングル「Take me out to the ball game〜あの・・一緒に観に行きたいっス。お願いします!〜」のカップリングにて「世界をつなぐ123体操」を発表。ヒップホップ・シーンからは“KING OF STAGE”ことRHYMESTERが、2001年のメジャー初となるアルバム『ウワサの真相』にて「プリズナー No.1,2,3」という楽曲を発表しています。

 「イチ・ニ・サン」という曲名タイプでは、星野源の「いち に さん」があります。同曲は阿部サダヲ主演ドラマ『心がポキッとね』の主題歌となったシングル「SUN」に収録されています。グッドモーニングアメリカには2014年のメジャー1stシングルのタイトルを飾った「イチ、ニッ、サンでジャンプ」(写真)という楽曲が。踏ん切りがつかないときや一歩前へ進みたい時に背中を押してくれそうな曲名が印象的です。

 ここで挙げた以外にも、まだまだ「123」曲はあり、海外でも、たとえば、1988年にグロリア・エステファンがグロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン名義でアルバム『レット・イット・ルース』から5枚目のシングルとしてリリースした「1-2-3」をはじめ、世界の多くのアーティストが曲名にしていると思われます。自分好みのさまざまな「123」を探して、何か気持ちに勢いをつけたい時などに聴いてみるのもいいかもしれません。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015