リサーチ

仁村紗和の赤いドレス姿が印象的な資生堂150周年記念webムービーで流れる音楽は?

挾間美帆   2022/06/28掲載
はてなブックマークに追加
仁村紗和の赤いドレス姿が印象的な資生堂150周年記念webムービーで流れるドラマティックな音楽は何ですか?
仁村紗和の赤いドレス姿が印象的な資生堂150周年記念webムービーで流れる音楽は?
 資生堂の創業150周年記念キャンペーン『From life comes beauty. 「うつくしい」は、いのちの話。』のメッセージフィルムが、資生堂公式YouTubeチャンネルにて公開されています。

 「家族」「多様性」「愛」「定義されるべきではない」「自然」など。「わたしたちが、美しいと思うものはなんだろう」という問いかけに、世界中のさまざまな人々が、自分の言葉で語る場面から映像は始まります。社会にふりかかる難問を前に、人々が “美しいこと”から遠ざかっていく――。そんなナレーションのあと、突如現れる鮮やかな赤のドレスに身を包んだ仁村紗和。彼女の真っすぐな眼差しは、数秒のシーンながらも力強い印象を残します。そして仕事に励むひと、屋上で踊るひと、太陽に顔を向ける人、赤ちゃんを抱きあげる人など、日々を生きるさまざまな人々の姿で紡いだ生命力にあふれる映像を背景に、資生堂は美しさの本質を“いのちのはなし”だと結論付けます。

 この映像で使われている音楽は、ジャズ作曲家 / ピアニストの挾間美帆(写真)による書き下ろしのオリジナル・ソングです。挾間は、自身率いるラージ・アンサンブル“m_unit”で録音したアルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』が2020年の第62回グラミー賞にノミネート、デンマーク・ラジオ・ビッグバンドの主席指揮者も務めるなど、活躍目覚ましいジャズ・ミュージシャン。そんな彼女の指揮のもと、R&Bやヒップホップ界隈でも活躍する世界的キーボード奏者のBIGYUKIがピアノを務めるほか、ベースにNYを拠点に活躍する中村恭士、ドラムに新世代ジャズ・シーンを牽引する最高峰ドラマーのケンドリック・スコット、アルト・サックスに新鋭サックス奏者のイマニュエル・ウィルキンスを起用し、映像に息吹を吹き込む、ドラマティックな起伏の壮大なナンバーを創り上げています。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015