川江美奈子連載「時雨月夜ニ君想フ−letters−」 - Chapter 9 文通・特別編 02 ソロ・デビュー時を回顧。松本英子さんとの文通
掲載日:2008年10月29日
はてなブックマークに追加
前回からの流れで、今週も川江美奈子さんが過去に交流があったアーティストとの文通を紹介します。2人目の今回は、親友でもあり、川江さんがソロ・デビュー前にプロデューサー・武部聡志さんと出会うきっかけを作った人でもある、シンガー・ソングライターの松本英子さんの登場です。川江美奈子のソロ・デビュー当時の背景が見えてくる手紙のやりとりをお楽しみください!

松本英子
【Profile】
1999年にシングル「涙のチカラ」でデビュー。同年リリースしたセカンド・シングル「Squall」が40万枚を超えるヒットとなる。その後も、CDリリース、ライヴ活動、ラジオDJなどをコンスタントに継続。また、2006年7月に結婚し、2008年3月には長男を出産。現在一児の母として育児をしながら、マイ・ペースな音楽活動を続けている。彼女の日記も読める公式ホームページはこちら(https://www.eikomatsumoto.com/)。
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.