川江美奈子連載「時雨月夜ニ君想フ−letters−」 - Chapter 10 文通・特別編 03 貴重なコラボを回顧。藤原道山さんとの文通
掲載日:2008年11月5日
はてなブックマークに追加
今週も川江美奈子さんが過去に交流があったアーティストとの文通を紹介します。3人目となる今回は、いままで楽曲提供をしたアーティストの中から尺八奏者・藤原道山さんの登場です。2006年3月にリリースされた彼のアルバム『かざうた』に収録された楽曲「かざうた」と「はじまりの音」は川江美奈子さんの作品(「かざうた」は川江美奈子2ndアルバム『この星の鼓動』に川江美奈子ヴァージョンを収録)。“旋律”と“言葉”、その関係性が見事に垣間見えた貴重なコラボレーションであったことが、お二人の手紙から読み取れます。

藤原道山
【Profile】
10歳より尺八を始め、人間国宝の山本邦山に師事。2001年にアルバム『UTA』でCDデビュー。以降、千住明プロデュースの『空-ku-』、トラディショナルな楽曲が収録された『壱』、ポップスのカヴァーとオリジナル曲で構成された武部聡志プロデュースの『かざうた』とコンスタントにアルバムをリリース。妹尾武(p)、古川展生(vc)と2007年に結成したユニット、古武道では『KOBUDO』『風の都』と2枚の作品を発表。また、坂本龍一ケニーG野村萬斎らとの共演も果たし、伝統音楽としての“尺八”という既成概念にとらわれない、新たな可能性を追求し続けている。そして、2008年11月19日には冨田勲とのコラボレーションが実現した『響』を発表する。公式ホームページはこちら(https://www.dozan.jp/)。
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.