ニュース

ダイナソーJR.、ボーナストラック付き日本盤情報!

2005/05/12掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 とにもかくにも、今年の夏の話題を席巻しそうなダイナソーJR.。チケット売り切れ確実!?なプレミアム・ステージを目撃するため、苗場へと足を運ぶ方も多いのでは。そんな、早くも荷造りに余念のないオルタナ世代のアナタへ嬉しいニュースが!昨年、結成20周年を記念して復刻された名盤3枚に、さらなるボーナス・トラックが付いて日本盤化!Imepral Recordsより6月22日に発売されます。DEEP WOUNDを彷彿させるよな「Minor Thereat by Minor Threat (Live)」(J.マスシス(ds)、ルー・バーロウ(g)、マーフ(vo)なる編成)、1987年リリースの12インチEP『DINOSAUR JR.』B面に収録されていた「Show Me The Way」などなど、1枚につき2曲づつ、ヨダレものの音源が入っております。行く前に聴く! を合言葉にレコード屋さんへと向かいましょう。

※全作品とも、6/22発売
●ダイナソーJR.『ダイナソー』
(TECI-24288 \2,520(税込))
1. Bulbs Of Passion
2. Forget The Swan
3. Cats In A Bowl
4. The Leper
5. Does It Float
6. Pointless
7. Repulsion
8. Gargoyle
9. Severed Lips
10. Mountain Man
11. Quest
12. Does It Float (Live)
13. Minor Thereat by Minor Threat (Live)(日本盤ボーナス・トラック)
14. Gargoyle(Live)(日本盤ボーナス・トラック)

●ダイナソーJR.『ユーアー・リビング・オール・オーバー・ミー』
(TECI-24289 \2,520(税込))
1. Little Fury Things
2. Kracked
3. Sludgefeast
4. The Lung
5. Raisans
6. Tarpit
7. In A Jar
8. Lose
9. Poledo
10. Just Like Heaven
11. Little Fury Things (video)
12. Just Like Heaven (video )
13. Throw Down(日本盤ボーナス・トラック)
14. In A Jar(live)(日本盤ボーナス・トラック)

●ダイナソーJR.『バグ』
(TECI-24290 \2,520(税込))
1. Freak Scene
2. No Bones
3. They Always Come
4. Yeah We Know
5. Let It Ride
6. Pond Song
7. Budge
8. The Post
9. Don't
10. Keep The Glove
11. Freak Scene (Video)
12. No Bones (Video)
13. Show Me The Way(日本盤ボーナス・トラック)
14. Chunks and Throw Down(日本盤ボーナス・トラック)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015