ニュース

ダイナソーJR.、ボーナストラック付き日本盤情報!

2005/05/12掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 とにもかくにも、今年の夏の話題を席巻しそうなダイナソーJR.。チケット売り切れ確実!?なプレミアム・ステージを目撃するため、苗場へと足を運ぶ方も多いのでは。そんな、早くも荷造りに余念のないオルタナ世代のアナタへ嬉しいニュースが!昨年、結成20周年を記念して復刻された名盤3枚に、さらなるボーナス・トラックが付いて日本盤化!Imepral Recordsより6月22日に発売されます。DEEP WOUNDを彷彿させるよな「Minor Thereat by Minor Threat (Live)」(J.マスシス(ds)、ルー・バーロウ(g)、マーフ(vo)なる編成)、1987年リリースの12インチEP『DINOSAUR JR.』B面に収録されていた「Show Me The Way」などなど、1枚につき2曲づつ、ヨダレものの音源が入っております。行く前に聴く! を合言葉にレコード屋さんへと向かいましょう。

※全作品とも、6/22発売
●ダイナソーJR.『ダイナソー』
(TECI-24288 \2,520(税込))
1. Bulbs Of Passion
2. Forget The Swan
3. Cats In A Bowl
4. The Leper
5. Does It Float
6. Pointless
7. Repulsion
8. Gargoyle
9. Severed Lips
10. Mountain Man
11. Quest
12. Does It Float (Live)
13. Minor Thereat by Minor Threat (Live)(日本盤ボーナス・トラック)
14. Gargoyle(Live)(日本盤ボーナス・トラック)

●ダイナソーJR.『ユーアー・リビング・オール・オーバー・ミー』
(TECI-24289 \2,520(税込))
1. Little Fury Things
2. Kracked
3. Sludgefeast
4. The Lung
5. Raisans
6. Tarpit
7. In A Jar
8. Lose
9. Poledo
10. Just Like Heaven
11. Little Fury Things (video)
12. Just Like Heaven (video )
13. Throw Down(日本盤ボーナス・トラック)
14. In A Jar(live)(日本盤ボーナス・トラック)

●ダイナソーJR.『バグ』
(TECI-24290 \2,520(税込))
1. Freak Scene
2. No Bones
3. They Always Come
4. Yeah We Know
5. Let It Ride
6. Pond Song
7. Budge
8. The Post
9. Don't
10. Keep The Glove
11. Freak Scene (Video)
12. No Bones (Video)
13. Show Me The Way(日本盤ボーナス・トラック)
14. Chunks and Throw Down(日本盤ボーナス・トラック)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015