〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』

玉川太福   2019/12/27掲載
はてなブックマークに追加
『浪曲師 玉川太福読本』発売記念
本人によるご挨拶
* * *
 CDジャーナルが、いま大注目の浪曲師「玉川太福」をまるっと一冊特集した『浪曲師 玉川太福読本』を刊行いたします。
 明治、大正、昭和にかけて人気を博した演芸のひとつ「浪曲」ですが、数年前までは“絶滅危惧種”と言われるほどの存在になってしまっていました。しかし、そんな浪曲が最近、落語や講談とともに見られる場所も増え、ふたたび注目されつつあります。その人気復活の一翼を担っているキーマンが「玉川太福」。
 2015年12月に第1回渋谷らくご大賞(創作大賞)を受賞したほか、人気沸騰中の若手落語家、春風亭昇々、瀧川鯉八、立川吉笑らと新作ユニット・ソーゾーシーを結成して日本全国をツアーでまわったり、人気講談師・神田松之丞と競演するなど、早くも演芸好きの間で大人気となっています。また、2019年12月27日には、映画『男はつらいよ』の新作が公開されますが、現在の浪曲界で唯一、「男はつらいよ」の浪曲を唸ることができるのが玉川太福であり、『男はつらいよ』関連のイベントではファンにもおなじみの存在になっています。
 そんな玉川太福の魅力を徹底解剖するロング・インタビュー、立川志の輔、春風亭昇太、神田松之丞など人気の落語家、講談師が登場、また浪曲入門、現場での楽しみ方などのコーナーもあり、浪曲や伝統芸能に興味を持ち始めた初心者から、ディープな浪曲ファンまで楽しめる「ニュー浪曲本」が登場です。
2019.12.27発売
CDジャーナル2020年2月号別冊
『浪曲師 玉川太福読本』
仕様: A4変形判/104ページ
雑誌: 04256-02
JAN: 4910042560201
定価:1,500円(本体1,364円+税)
◎期間限定配信楽曲
カーネーション「玉川太福の唄」付
* * *
本書の中身をちょっとだけご紹介!(画像クリックで拡大します)
目次
神田松之丞インタビュー
[対談] 玉川太福 × 春風亭昇太
ロング・インタビュー
お笑い大好き少年が浪曲師・玉川太福になった理由
ソーゾーシー座談会
[対談] 玉川太福 × 立川志の輔
玉川太福
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015