ニュース

GASTUNK、約8年ぶりのワンマン・ライヴをLIQUIDROOMで開催

GASTUNK   2017/12/13 14:15掲載
はてなブックマークに追加
GASTUNK、約8年ぶりのワンマン・ライヴをLIQUIDROOMで開催
 今年7月に東京・高円寺のショップ「フウドブレイン」20周年を記念して開催されたイベント〈FUUDOBRAIN MUST DIE〉にアナーキー(亜無亜危異)や氣志團OLEDICKFOGGYROCKY & The SWEDENSLANGBAREBONESらと共に出演し、約7年ぶりに復活を遂げたGASTUNKが、ワンマン・ライヴ〈THE RUNNING MAD BLOOD IN A DEAD INDIAN'S DREAM!〉を2018年3月24日(土)に東京・恵比寿 LIQUIDROOMで開催します。

 GASTUNKにとって再始動後初にして約8年ぶりのワンマン・ライヴとなる本公演。チケットぴあでは12月18日(月)23:59までチケットの先行受付を実施中。一般販売は1月13日(土)よりスタートします。また、今回の発表に合わせ、オフィシャル・サイトがリニューアルされています。

Photo By Miki Matsushima

GASTUNK
“THE RUNNING MAD BLOOD IN A DEAD INDIAN'S DREAM!”


2018年3月24日(土)
東京 恵比寿 LIQUIDROOM
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 5,000円(D別 / スタンディング)
お問い合わせ: SMASH 03-3444-6751
smash-jpn.com

チケット先行受付
12月13日(水)11:00〜18日(月)23:59

w.pia.jp/t/gastunk-of/
※一般発売: 208年1月13日(土)〜
チケットぴあ(P 102-328) / ローソンチケット(L 70300) / e+(pre: 12月28日〜1月4日)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015