ニュース

ガンダム30周年記念!トリビュート・アルバムとリミックス・アルバムの発売が決定

井上大輔   2009/06/19 14:26掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ガンダム30周年記念!トリビュート・アルバムとリミックス・アルバムの発売が決定
 ガンダム30周年にあたる今年、gunboy GLOBALレーベルよりトリビュート・アルバムとリミックス・アルバムの2枚が発売決定!

 gunboy GLOBALレーベルは、サンライズ作品のテーマ曲やBGMを新たな世界観で制作している音楽レーベル「GUNBOY」と、ビクターエンタテインメントの「flyingDOG」とが行う共同レーベル。

 7月22日に同レーベルより発売されるのは、ガンダム史上、屈指の名曲と言われる「哀 戦士」を国内外の有名アーティストがカヴァーしたトリビュート・アルバム『I,Senshi 〜哀 戦士トリビュート』(VTCL-60161 税込2,100円/写真)、そして『機動戦士ガンダム』および『機動戦士Ζガンダム』の世界を彩った楽曲群を、気鋭のアーティストたちがカスタム・アレンジ&リミックスしたアルバム『GUNDAM 30th CUSTOM』(VTCL-60162 税込2,310円)の2作品です。

 オリジナル歌手であった井上大輔へのリスペクトも込められた『I,Senshi 〜哀 戦士トリビュート』には、国内からはGACKTMIQ及川光博が、海外からはアンドリューW.K.リッチー・コッツェンが参戦。また井上大輔が同曲をセルフ・カヴァーした音源(1999年録音)も収録されます。なお、MIQと及川光博のカヴァーは新録音音源、他の音源は既発のものとなります。ジャケット・イラストは安彦良和による描き下ろし。

 『GUNDAM 30th CUSTOM』は全8曲入り。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のエンディング・テーマ「Life Goes On」で知られる有坂美香がフィーチャリング・アーティストとして参加したJazztronikによる「翔べ!ガンダム」をはじめ、瀧澤賢太郎による「哀 戦士」、COLDFEETによる「きらめきのララァ」、福富幸宏による「いまはおやすみ」など、クラブ・ミュージックの一線で活躍するアーティストによって新たな姿へと変身を遂げたガンダム・ナンバーが楽しめます!

 ガンダム30周年をこれら作品でアナタも祝ってみてはいかがでしょうか?


『I,Senshi 〜哀 戦士トリビュート』
(VTCL-60161 税込2,100円):7月22日発売

【収録アーティスト】
・Andrew W.K.
・GACKT
・MIQ(新録音)
・及川光博(新録音)
・Richie Kotzen
・井上大輔('99年録音のセルフ・カヴァー)
*全6トラック収録

『GUNDAM 30th CUSTOM』
(VTCL-60162 税込2,310円):7月22日発売
【収録内容】
1. 翔べ!ガンダム
Jazztronik Feat. Mika Arisaka

2. 水の星へ愛をこめて
Jazzin'park

3. 永遠にアムロ
M Swift feat. Eliana

4. めぐりあい - Eishi Segawa Remix
瀬川 英史

5. 哀 戦士 - Kentaro Takizawa Remix
瀧澤 賢太郎

6. 風にひとりで - TOKYO COUNTERPOINT Remix
TOKYO COUNTERPOINT

7. きらめきのララァ
COLDFEET

8. いまはおやすみ
Yukihiro Fukutomi feat.SAWA

*全8トラック収録。
*トラック4、5、6のヴォーカルは、オリジナル楽曲の井上大輔による音源を使用。

(c)創通・サンライズ
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編][インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ
[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』
[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』
[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015