ニュース

クーラ・シェイカー、7年ぶりに復活!

クーラ・シェイカー(Kula Shaker)   2006/01/12掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 60年代マインドでインド・テイストを昇華した個性的な音を鳴らし、90年後半に旋風を巻き起こした英国バンド、クーラ・シェイカー。その彼らがなんと7年ぶりに復活! 新たにオープンした公式HPにて“THE REVENGE OF THE KING”として正式に発表されました!

 1995年にサイケで抹香な香りとともに現れたクーラ・シェイカーは、『K』『ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ』といった2枚の優れたアルバムを残したものの、1999年に解散。バンド解散後、フロントマンのクリスピアン・ミルズは新バンド、ザ・ジーヴァズを結成して、2枚のアルバムを発表していました。

 なんでも昨年のクリスマス前には、クリスピアン・ミルズ(ヴォーカル兼ギター)、アロンザ・ベヴァン(ベース)、ポール・ウィンターハート(ドラム)による編成でシークレット・ギグが行なわれたそうで、代表曲や新曲などが披露されたとのこと。なおキーボード担当であったジェイ・ダーリントンは、現在オアシスで活躍しているため、今回のギグには不参加であった模様です。

 まだ今後の予定は発表されていないものの、公式HPなどで随時明らかにされていくそうですので、彼らが生み出すマジックに心弾ませていたアナタは続報にもご注目を! 楽しみ!! 
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015