ニュース

クーラ・シェイカー、7年ぶりに復活!

クーラ・シェイカー(Kula Shaker)   2006/01/12掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 60年代マインドでインド・テイストを昇華した個性的な音を鳴らし、90年後半に旋風を巻き起こした英国バンド、クーラ・シェイカー。その彼らがなんと7年ぶりに復活! 新たにオープンした公式HPにて“THE REVENGE OF THE KING”として正式に発表されました!

 1995年にサイケで抹香な香りとともに現れたクーラ・シェイカーは、『K』『ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ』といった2枚の優れたアルバムを残したものの、1999年に解散。バンド解散後、フロントマンのクリスピアン・ミルズは新バンド、ザ・ジーヴァズを結成して、2枚のアルバムを発表していました。

 なんでも昨年のクリスマス前には、クリスピアン・ミルズ(ヴォーカル兼ギター)、アロンザ・ベヴァン(ベース)、ポール・ウィンターハート(ドラム)による編成でシークレット・ギグが行なわれたそうで、代表曲や新曲などが披露されたとのこと。なおキーボード担当であったジェイ・ダーリントンは、現在オアシスで活躍しているため、今回のギグには不参加であった模様です。

 まだ今後の予定は発表されていないものの、公式HPなどで随時明らかにされていくそうですので、彼らが生み出すマジックに心弾ませていたアナタは続報にもご注目を! 楽しみ!! 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015