e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活 - [こちらハイレゾ商會] 第41回 サイモン&ガーファンクルのハイレゾを明日に向けて聴き込む
掲載日:2017年02月14日
はてなブックマークに追加
こちらハイレゾ商會
第41回 サイモン&ガーファンクルのハイレゾを明日に向けて聴き込む
絵と文 / 牧野良幸
 サイモン&ガーファンクルのハイレゾがe-onkyoに登場して半年以上たった。このあいだ本当によく聴いたものである。こういうエッセイを書いているので、日頃からハイレゾを聴く機会は少なくない。しかし“今日は何を聴こうか”となった時、いつも選んでしまうのがサイモン&ガーファンクルのハイレゾだった。昨年の僕のベスト・ハイレゾはサイモン&ガーファンクルで間違いない。
 どうしてそんなに聴いたのか。それはサイモン&ガーファンクルが懐かしかったからではない。むしろ逆で、ハイレゾのサイモン&ガーファンクルは昔よく聴いたアナログ・レコードの印象とだいぶ違っていた。ハイレゾの音は一言で言って疾走するサラブレッドのようだ。輪郭がクッキリとして、筋肉質な音にホレボレする。解像度も増しており、いろいろな楽器が明確に描きわけられている。
 こう書くとハイレゾの持ち味であるアナログ・ライクとは逆方向に思われるかもしれないが、LPに付きものの音割れや滲みがないのは、やはり嬉しいことだし、押し出しの良さはアナログの比ではない。つまるところ昔レコードで浴びるほど聴いていたサイモン&ガーファンクルが、ハイレゾでは新しい音楽に生まれ変わったようなのである。これが聴いていて非常に楽しいのだ。
 『水曜の朝、午前3時』はLP時代と同じくアコースティック・ギターが聴きどころ。ただギターが筋肉質になるのに、逆に全体の響きは柔らかくなるところが面白い。『サウンド・オブ・サイレンス』と『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』はまさしくサラブレッド化。厚味のある瑞々しい音だ。これが逆に繊細な音楽を引き立ててくれるのだからオーディオはやめられない。
 『ブックエンド』は当時からハイファイ録音だったLPでのB面がハイレゾでも聴きどころだろう。「ミセス・ロビンソン」の雰囲気はイラストに描いたので見てみて。『明日に架ける橋』は「キープ・ザ・カスタマー・サティスファイド(ご機嫌いかが)」や「ベイビー・ドライバー」といった脇役曲がパワー・アップしたぶん、底上げが顕著。
 こうして聴いていると、ハイレゾが中学の頃にのめり込んで聴いたアナログへの憧憬ではないことは確かだ。試しにとハイレゾのプレイリストで、70年代初頭にベストセラーになったLP『サイモンとガーファンク・グレーテスト・ヒット 2』と同じ選曲にして聴いてみた(人によっては『ギフト・パック』もありだろう)。
 しかしハイレゾで疑似『サイモンとガーファンク・グレーテスト・ヒット 2』を聴いてみても、懐かしのベスト盤として聴けないのである。どの曲もハイレゾによる変貌に耳がいってしまう。これではベスト盤というよりサンプラーではないか。じゃあオリジナル・アルバムのハイレゾに戻って聴いてみよう、ということになってしまった。
 かつてビートルズと並ぶほどの人気がありながら、ここのところ大きく水をあけられてしまったサイモン&ガーファンクル。それは彼らの音楽が“懐かしの博物館”に半ば収められてしまったからではなかったか。ハイレゾはそんなサイモン&ガーファンクルをショーケースから取り出して、刺激的な音楽として再生した気がする。文字どおりハイレゾがサイモン&ガーファンクルにとって“明日に架ける橋”なりそうである。
 なお『グレイテスト・ヒット』と『セントラル・パーク・コンサート』は僕の場合オリジナル・アルバムと一緒にできないので、今回はハイレゾに触れることはひかえた。この2作のハイレゾはみなさん自身の耳で確かめていただければと思う。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
サイモン&ガーファンクル
『水曜の朝、午前3時』


(1964年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
サイモン&ガーファンクル
『サウンド・オブ・サイレンス』


(1966年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
サイモン&ガーファンクル
『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』


(1966年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
サイモン&ガーファンクル
『ブックエンド』


(1968年)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
サイモン&ガーファンクル
『明日に架ける橋』


(1970年)

弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.