ニュース

東出昌大×三浦貴大W主演映画『Winny』2023年3月公開決定 共演に吉岡秀隆・吉田羊ら発表&特報映像公開

2022/12/22 12:56掲載
はてなブックマークに追加
東出昌大×三浦貴大W主演映画『Winny』2023年3月公開決定 共演に吉岡秀隆・吉田羊ら発表&特報映像公開
 東出昌大三浦貴大をダブル主演に迎え、今、国内外で次回作が最も期待されている若手監督・松本優作がメガフォンをとった映画『Winny』が、2023年3月10日(金)に公開決定。併せて、特報映像及び本ポスター、追加キャストとして吉岡秀隆渡辺いっけい吉田羊吹越満ら豪華キャスト12名が公開されました。

 2002年、開発者・金子勇(東出昌大)は、簡単にファイルを共有できる革新的なソフト「Winny」を開発、試用版を「2ちゃんねる」に公開します。彗星のごとく現れた「Winny」は、本人同士が直接データのやりとりができるシステムで、瞬く間にシェアを伸ばしていきます。しかし、その裏で大量の映画やゲーム、音楽などが違法アップロードされ、ダウンロードする若者も続出、次第に社会問題へ発展していきます。次々に違法アップロードした者たちが逮捕されていく中、開発者の金子も著作権法違反幇助の容疑をかけられ、2004年に逮捕されてしまいます。サイバー犯罪に詳しい弁護士・壇俊光(三浦貴大)は、「開発者が逮捕されたら弁護します」と話していた矢先、開発者金子氏逮捕の報道を受けて、急遽弁護を引き受けることになり、弁護団を結成。金子と共に裁判で警察の逮捕の不当性を主張するも、第一審では有罪判決を下されてしまいます...。しかし、運命の糸が交差し、世界をも揺るがす事件へと発展します――。

 「戦うしか無いですよ」――この度公開された特報は、簡単にファイルを共有できる革新的なソフト「Winny」を開発した罪で逮捕・勾留された金子に、壇弁護士が鼓舞するシーンから始まります。“天才はなぜ、警察に潰されたのか?”、金子と「Winny」をめぐる様々なニュース報道や世論、それを取り巻く国家権力の思惑、そしてその是非を巡って繰り広げられた議論が映し出された緊迫感溢れた映像となっています。

 また、ポスターは、「不当逮捕から無罪を勝ち取った7年の道のり」というコピーとともに、逮捕・起訴された金子と彼を弁護する弁護団が裁判所に向かう様子を切り取ったもの。膨大なメディアと世間の目に晒されながらも、後に続く技術者のために戦った男たちの強い意志を感じさせるものとなっています。

 そして、東出と三浦を取り巻く豪華キャストたち合計12名も発表。警察内部の腐敗を暴く仙波敏郎役を吉岡秀隆、金子逮捕の陣頭指揮をとる北村文哉役を渡辺いっけい、金子の心の支えとなっていた姉を吉田羊、壇弁護士らの熱い想いに共鳴し、彼らを手助けすることになる敏腕弁護士・秋田真志役を吹越満が演じます。さらに、皆川猿時和田正人木竜麻生渋川清彦池田大金子大地阿部進之介田村泰二郎ら個性派俳優が集結。加えて、本作のムビチケも12月23日(金)に発売開始。デザインは、金子勇(東出)が暗闇の中、パソコンに向き合う開発者としての後ろ姿が映し出された本作のティザー・ヴィジュアルが施されています。

 映画『Winny』は、2018年に開催された「ホリエモン万博 CAMPFIR 映画祭」の“映画企画クラファン大会”でグランプリに輝いたことを起点としています。企画したのは、スマートキャンプやHIRAC FUNDを立ち上げ、現在Web3・NFT領域で新たにNFIGUREを起業している古橋智史。古橋は、以前から日本のテクノロジー発展に寄与したいという思いがあり、「出る杭が打たれない社会を」というテーマで本作を企画しました。メガフォンを取るのは、自主映画『Noise ノイズ』(2019)にて海外映画祭で高い評価を受け、現在公開中の『ぜんぶ、ボクのせい』で商業映画デビューを果たし、今後の作品が期待される監督、松本優作。これまで現代社会で生きていくことの難しさをリアルに描いてきた松本監督が、金子の考えに共鳴し、本作を作り上げました。

 なぜ、一人の天才開発者が日本の国家組織に潰されてしまったのか?開発者の未来と権利を守るために、権力やメディアと戦った男たちの真実を基にした物語である本作にご期待ください。

[コメント]
実際にいらっしゃった、組織に屈しない警官の役は難しかったですが、松本監督はじめ若いスタッフやベテランスタッフと映画の力を信じることで作り上げることができたと思っています。
東出くん、三浦くんが素晴らしい。とても勉強になりました。

――吉岡秀隆

逮捕のシーンでは金子氏を演じる東出君の無防備な佇まいが実にリアルで、逮捕する側の僕が「不当逮捕の怖さ」を肌で感じてしまいました。
法廷のシーンでは吹越君演じる秋田弁護士とのスリリングなやり取りが忘れられません。
金子氏がプログラミングに夢中になるその姿はエンタメの世界に身を投じる人間にとって深く深く共鳴できる部分です。
だからこそ撮影現場には「真実を伝えよう」という強い思いが常に溢れていた気がします。

――渡辺いっけい

この度、金子勇さんのお姉さまを演じるにあたり、撮影前、ご本人とお会いする機会をいただきました。
「映画になることで、沢山の方が弟を知り、思い出し、話題にしてくれる、それが嬉しい」と話された言葉が印象的でした。
聡明で純粋で穏やかな佇まい、そして何より弟さんを大好きなお気持ちを大切に演じさせていただきました。
今や世界中で利用される技術を日本人が先駆けて開発していた。それが成熟し実用化される未来が何故消えたのか。
この映画を一人でも多くの方に観て頂くことが、今後産まれくる新たな才能を守る後押しになる気がしてなりません。
ぜひ、劇場でご覧頂けますと幸いです。

――吉田羊

法律の知識なんてないのに専門用語の嵐。しかも、長ーい裁判シーンがある。そんな弁護士の役を受けちゃって苦労した俳優はたくさんいるんでないだろうか。僕も過去に何度か。
しかーし、今回は違いました。もちろん苦労はありましたが、気持ちよかっっった!のです。
この映画は、実話を元にしています。シーン74の証人尋問も、実際の裁判記録を元に構成しています。
なのに、まるで映画の台本みたいな流れでした、笑。僕の演じた弁護士秋田真志さんがどれだけ優秀で魅力的な弁護士なのかが分かります。
実際の裁判は、舞台の様だったのではないかと想像できます。(僕の演技がうまくいったのかは、おいといて、汗笑)。
京都弁は大変でしたが、頂いた役が秋田真志さんでよかったです。笑。
撮影前に読んだ秋田さんの『実践!刑事証人尋問技術 PART2』は、普段の生活の中でのちょっとした言い争いや口喧嘩の場面に遭遇したときなどのために読んでおいてもいいかも、と思いました。

――吹越満

拡大表示


拡大表示



©2023 映画「Winny」製作委員会

『Winny』
2023年3月10日(金)より東京 TOHOシネマズほか全国公開
https://winny-movie.com
配給: KDDI ナカチカ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015