ニュース

ザ・ジャパニーズ・ハウス、ジェンダーの複雑さをたたえる2年半ぶりの新曲「ボーイフッド」を発表

2023/03/22 12:49掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ジャパニーズ・ハウス、ジェンダーの複雑さをたたえる2年半ぶりの新曲「ボーイフッド」を発表
 英ロンドンを拠点に活動するシンガー・ソングライター、アンバー・べインによるプロジェクト、ザ・ジャパニーズ・ハウス(The Japanese House)が、約2年半ぶりの新曲「ボーイフッド」をミュージック・ビデオとあわせて公開しました。

 The 1975リナ・サワヤマビーバドゥービーペール・ウェーヴスらが所属するインディ・レーベル「Dirty Hit」に所属するザ・ジャパニーズ・ハウスは、2015年にデビュー・シングル「Still」を発表。2019年の1stアルバム『Good At Falling』が絶賛されました。新曲「ボーイフッド」では、ベインの声がエレクトロニックなビートと穏やかなギター・ピッキング上を浮遊しています。ジェンダーとセクシャリティの複雑さへの賛歌である「ボーイフッド」は、トラウマがいかに人の逃れられない一部となっているかを歌っています。

 ベインは新曲について「親友のケイティと私が若くて恋をしていた頃、私たちは彼女の馬“バンバン”に乗って、当時ゲイで恋をしていたことから生じるすべての問題から逃れ、遠くへ走り去ることを夢見ていました。この曲は、どんなに頑張っても、人生の初期に自分に起こったことや足かせからは逃れられないことがあると歌っています。でも、もっと重要なのは、そうしたことを克服するための希望について歌っていることです。そして、今の私たちを見てください。走り去るのではなく、何かに向かっている。この馬は私たちになついてくれたけど、心の奥底で私たちは“バンバン”にずっと乗っていたのだと思う。私が人生のどこで無謀にも駆け出そうと、ケイティは狂人のように私の後ろに乗り、しがみついてくれるだろう。バイバイ“バンバン”。たくさんのキスを」とコメントを寄せています。



ザ・ジャパニーズ・ハウス「ボーイフッド」
japanesehouse.ffm.to/boyhood
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マイアミ・ソウルの秘宝クラレンス・リード TKプロダクション期をコンパイル [対談]黒田大介×the Shark[インタビュー] kiki vivi lily 豪華メンバーが集結した待望のニューEP
[インタビュー] 今、最も目が離せない!ガールズ・バンドの急先鋒、THE LET[インタビュー] “沖縄の音楽”を今の視点でアーカイヴ化。5枚組ボックス・セット『沖縄の音楽 記憶と記録』
[インタビュー] 浅利史花  気鋭のジャズ・ギタリストが、伝説のギタリスト、エミリー・レムラーに捧げる新作を発表[インタビュー] 紫 日本のロックの礎を築いた沖縄のバンドが、Char、BOWWOW G2とともに伝説のライヴを再現
[インタビュー] 走り続けるtha BOSS、2作目のソロ・アルバム完成[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)
[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム!
[インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015