ニュース

ジム・オルーク新作は武満徹の音世界に挑戦!

2006/08/23掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 今年没後10周年を迎えた、日本を代表する現代音楽作曲家の武満徹の楽曲「ピアニストのためのコロナ」に、ポスト・ロック・ブームの立役者である鬼才ジム・オルークが挑むアルバム『ジム・オルーク・トランスレート・タケミツ』(COCB-53573 \2,625(税込))が11月2日にリリースされます。

 ガスター・デル・ソルソニック・ユースなどに参加し、ロック、ジャズ、現代音楽をはじめさまざまな音楽ジャンルにまたがって活躍を続けることでジャンルを超え、先鋭的な音楽ファンを魅了しているジム・オルーク。彼が99年に発売したソロ名盤『ユリイカ』(写真)以来5年ぶりとなる待望のソロ名義での作品となるこのアルバムでは、“図形楽譜”という図案化された楽譜を即興演奏する現代音楽の手法に挑戦しています。

 “図形楽譜”はモートン・フェルドマンが考案し、ジョン・ケージによって前衛音楽界で旋風を巻き起こし、後に偶然性の音楽、不確定性の音楽を生み出す大きなきっかけになり、今回ジム・オルークに演奏される「ピアニストのためのコロナ」は武満徹がその手法に挑んだという楽曲。フェンダーローズ・ピアノやハモンド・オルガンとを駆使して3ヴァージョンが制作され、ジム・オルーク本人がミックスして仕上げられているそうです。また現時点では日本盤のみのリリース予定とのこと。
続報
ジム・オルーク新作のタイトルが変更に
ジム・オルークの新作のタイトルが『コロナ−東京リアリゼーション』に変更となりました。
[ 2006/08/28掲載 ]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015