ニュース

TM NETWORK、80年代の8タイトルをリマスター&紙ジャケで再発

2007/01/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 小室哲哉宇都宮隆木根尚登の3人によって結成され、優れた作品を世に送り続けてきたTM NETWORK。彼らが80年代に発表したアルバム8タイトルが新たにデジタル・リマスタリングを施した紙ジャケット仕様で再発されます!

 発売されるのは、1984年に発表された1stアルバム『RAINBOW RAINBOW』から、1989年発表のリ・プロダクション・アルバム『DRESS』までの8タイトル。LPとして発表されていた当時のインナーおよび帯/ステッカーを復刻。また収録曲および曲順はオリジナルLP盤に準ずる内容で、人気作『CAROL - A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991』(写真)もオリジナルLPと同様の2枚組仕様でリリースされます。発売は全タイトルとも完全限定生産で3月21日を予定。のちのシーンに多くの影響を与えた名作たちに再びご注目を!


≪TM NETWORK 紙ジャケット再発≫
*当時のLPのインナーおよび帯/ステッカーを復刻
*レーベル面はオリジナルLPのデザイン
*全曲リマスタリング
*収録曲および曲順はオリジナルLPに準ずる

●84年作『RAINBOW RAINBOW』(MHCL-1034 \2,520(税込))
●85年作『TM NETWORK/CHILDHOOD'S END』(MHCL-1035 \2,520(税込))
●85年・ミニアルバム『TWINKLE NIGHT』(MHCL-1036 \1,890(税込))
●86年作『GORILLA』(MHCL-1037 \2,520(税込))
●87年2月作『Self Control』(MHCL-1038 \2,520(税込))
●87年11月作『humansystem』(MHCL-1039 \2,520(税込))
●88年作『CAROL - A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991』(MHCL-1040〜1 \3,150(税込))
≪ディスク1≫
1.A DAY IN THE GIRL'S LIFE(永遠の一瞬)
2.CAROL(CAROL'S THEME 機
3.CHASE IN LABYRINTH(闇のラビリンス)
4.GIA CORM FILLIPPO DIA(DEVIL'S CARNIVAL)
5.IN THE FOREST(君の声が聞こえる)
6.CAROL(CAROL'S THEME 供
7.JUST ONE VICTORY(たったひとつの勝利)
≪ディスク2≫
1.YOU'RE THE BEST
2.COME ON EVERYBODY
3.WINTER COMES AROUND(冬の一日)
4.SEVEN DAYS WAR(Four Pieces Band Mix)
5.BEYOND THE TIME(EXPANDED VERSION)
6.STILL LOVE HER(失われた風景)
*オリジナルLPでは、DISC 1 1〜4がSIDE-A、5〜7がSIDE-B、DISC 2 1〜3がSIDE-C、4〜6がSIDE-Dに収録
●89年作『DRESS』(MHCL-1042 \2,520(税込))
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015