ニュース

ファクトリー・レコードをスタッフとミュージシャンが語るドキュメンタリーがDVD化

2007/02/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
ファクトリー・レコードをスタッフとミュージシャンが語るドキュメンタリーがDVD化
 ジョイ・ディヴィジョンニュー・オーダーハッピー・マンデーズらを輩出した、英国マンチェスターのインディペンデント・レーベル、ファクトリー・レコード。その設立初期の模様を、関係するスタッフとミュージシャンたちが語り尽くしたドキュメンタリー映像『シャドウプレイヤーズ(Shadowplayers - Factory Records & Manchester Post Punk 1978-1981)』(写真)がいよいよ日本でもDVD作品として発売されます!

 本作では、トニー・ウィルソンが語るレーベル創設の裏話をはじめ、ピーター・サヴィルの解説によるデザイナーのコンセプト、所属ミュージシャンたちから見たプロデューサーのマーティン・ハネットとピーター・サヴィルの姿、イアン・カーティス(ジョイ・ディヴィジョン)の自殺とニュー・オーダーの結成に関するエピソード、ファクトリー・ベネルクスとファクトリーUSの創立について……と、ファクトリー・レコードの奥深い歴史をレーベルの関係者やミュージシャンたちが語っています。出演はトニー・ウィルソン、ピーター・サヴィル、ピーター・フック(ニュー・オーダー)、ヴィニ・ライリー(ドゥルッティ・コラム)、サイモン・トッピング&マーティン・モスクロップ(ア・サーティン・レイシオ)、クリス・ワトソン(キャバレー・ヴォルテール)、ハワード・デヴォート(マガジン)、ジャズ・コールマン(キリング・ジョーク)など。

 制作はファクトリー・レコードの再発を数多く手掛けるLTMレーベル。海外盤は昨年に発売済みですが、作品内容をより深く知るには日本語字幕対応となった日本盤が最適。日本盤(NODD-00084 \3,990(税込))は3月23日にナウオンメディアより発売されます。ファクトリー好きなら必見ですよ!


『シャドウプレイヤーズ ─ ファクトリー・レコードとマンチェスターのポスト・パンク 1978〜81』
*収録分数:132分
*仕様:片面2層 画面サイズ4:3 ドルビー2.0chステレオ 日本語字幕
*字幕監修・解説:小野田雄

≪出演≫
トニー・ウィルソン(ファクトリー・レコード創設者)、ピーター・サヴィル(デザイナー)、マーティン・ハネット(エンジニア)、ピーター・フック(ジョイ・ディヴィジョン/ニュー・オーダー)、ヴィニ・ライリー(ドゥルッティ・コラム)、クリス・ワトソン(キャバレー・ヴォルテール)、ジャズ・コールマン(キリング・ジョーク)、ジョーディー・ウォーカー(キリング・ジョーク)、サイモン・トッピング(ア・サーティン・レイシオ)、マーティン・モスクロップ(ア・サーティン・レイシオ)、ハワード・デヴォート(バズコックス/マガジン)、リチャード・ジョブソン(スキッズ)、リチャード・ブーン(バズコックスのマネージャー)、スタントン・ミランダ(シック・ピジョン)、グラハム・マッシー(バイティング・タンズ)、アラン・ヘンプサール(クリスピー・アンビュランス)、ラリー・キャシディ(セクション25)、ヴィンセント・キャシディ(セクション25)ほか

≪内容≫
01 USE HEARING PROTECTION - The Factory Club, opened May 1978
02 A FACTORY SAMPLE - January 1979, Durutti Column, Cabaret Voltaire, John Dowie and Joy Division
03 FACTORY FOREMEN - Five heterosexual directors
04 UNKNOWN PLEASURES - Joy Division's debut album released in May 1979, produced by Martin Hannett
05 ZERO - Martin Hannett, record producer
06 SITUATIONIST GROUP - Vini Reilly and The Durutti Column
07 THE THIN BOYS - first single by A Certain Ratio, All Night Party, with no drummer
08 LARRY AND VINNY - Section 25 are from Blackpool, Lancashire
09 GET IN THE VAN - Heads, tales, Cocks and Jokers on the road
10 RUE DE MANCHESTER - Joy Division and Cabaret Voltaire play Plan K, Brussels, 16 October 1979
11 THE RAINBOW - On 4 April 1980 Joy Division and Section 25 played two London venues
12 FACTORY BENELUX - Friends in Belgium (and Holland)
13 DISORDER - Bury Derby Hall, 8 April 1980
14 IN A LONELY PLACE - 18 May 1980. On the eve of Joy Division's first US tour, Ian Curtis hangs himself
15 BENEATH THE PAVEMENT - New Order debut at The Beach Club, Manchester, on 29 July 1980
16 OF FACTORY AMERICA - New Order and A Certain Ratio in New York, September 1980
17 FUTURISTS - The first New Order album, Movement, released in November 1981
18 CHOIR BOYS - Schoolboy lyrics and timbales
19 LIKE PUNK NEVER HAPPENED - New pop, old ways
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015