ニュース

スパイラル・ライフ BOX SET ついに発売!

2007/04/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 アルバム『The New Day Rising』も好評のAIRこと車谷浩司と、ソロ活動と並行しながらMOTORWORKSや村松ショータローとニューインディアンデスロックなどで活動、スムルースschool food punishmentなどのプロデューサーとしても活躍中の石田小吉(現在は石田ショーキチ)によるスパイラル・ライフ。わずか3年という短い活動期間ながら、多くのアーティストに影響を与えてきた彼らのボックスセット『SPIRAL LIFE BOX SET』(CD2枚+DVD2枚:MTCA-9010〜1 税込\10,000)が、5月23日についに発売されることに。

 気になるボックスの内容はというと、1995年7月25日に東京・新宿厚生年金会館で行なわれた『HALLCIRCUIT’95「FLOURISH」』3DAYS最終日の模様を完全収録した2枚組CDと、96年3月23日に横浜アリーナで行なわれたラスト・ライヴ『SELL OUT』を完全収録したDVD、過去に発売されたビデオ・クリップ集などをまとめたDVDからなる計4枚組(CD、DVDともに2曲ずつボーナストラックを収録!)。また、後期スパイラル・ライフのアートワークを手がけた河原光によるニューデザインTシャツ、2種類の復刻版ポスター、すべてのツアー・パンフレットを再編集した復刻版パンフレットまでパッケージするという、実に豪華内容になっています。また過去に同ツアーを収録した、ファンクラブやライヴ会場で限定発売されたライヴCD『SLBL』がありましたが、今回のボックスでは初の完全収録になります。

 マージービート、ギター・ポップ、ハウス、グランジなどのエッセンスを巧みに取り込み、“SOUND OF MY GENERATION”というフレーズを掲げて活動してきたスパイラル・ライフ。活動当時から愛してやまない人はもちろん、リアルタイムで経験できなかった後追い世代の人も、ぜひとも手元に置いておきたい逸品。色褪せることのないそのサウンドを、あらためてこのボックスで堪能してみてはいかがでしょうか。限定生産なのでご予約はお早めに!


2007年5月23日発売
SPIRAL LIFE『SPIRAL LIFE BOX SET』
(MTCA-9010〜1 \10,000(税込))
【ボックスパッケージ内容】
■2CD
・95年、新宿厚生年金会館3DAYSライヴ、初の完全収録盤(7/25)。3DAYS LIVEの別日テイクをボーナス・トラックとして2曲収録。
トータル・タイム113:05/全19曲。
■2DVD
・DISC1:96年横浜アリーナライヴ(完全収録)初DVD化。ボーナス・トラック2曲に同ツアーで行なわれた渋谷クアトロのステージを新たに再編集(1曲)。トータル約145分/全23曲。
・DISC2:全カタログ、ビデオ・クリップ集(5作品『(It's a)cool cool world!』『Spiral Movie』『Spiral Movie2』『SLBT』『SLBM』)。トータル約155分。
■New Design T-shirts
・後期スパイラルのパッケージなどデザインを手がけていた、THE LINCOLN GRAPHIX FAMILY河原氏による11年ぶりのグッズ。
■Booklet-Special Edition-(48P)
・全ツアーパンフレットを再編集した復刻版。
■2kinds of Posters
・復刻版ポスター2種。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015