ニュース

キング・クリムゾンの関連作品が一挙に発売

2007/09/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 キング・クリムゾンの関連作品が、10月24日にまとめてリリースとなります。まずは、『ザ・コレクターズ・キング・クリムゾン』の年代別ボックス化第6弾と第7弾。『COLLECTORS' KING CRIMSON (BOX 6) ProjeKct』は、90年代にメンバーをいくつかの編成に分けて活動した“ProjeKct”による音源をCD7枚に収録。そのうちの2枚は日本初CD化になります。そして、『COLLECTORS' KING CRIMSON (BOX 7) - Sessions & Rehearsals』は、83年・94年・97年のセッション音源をCD3枚に収めたものです。

 続いては、92年に発売され、現在では絶版となっているボックス・セット『ザ・グレート・ディシーヴァー』の新装版。今回は『〜パート1』(写真)と『〜パート2』に分け、新たなジャケットでの発売です。アートワークを手掛けたのは、近年のクリムゾンの作品ではお馴染みのP.J.クルック。また、日本盤のみ紙ジャケットでのリリースになります。さらに、音源のマスターは以前と同一ながら、テクノロジーの向上によって音質は確実に良くなっているとのことです。

 そして最後は、ロバート・フリップブライアン・イーノによるフリップ&イーノの未発表曲集。『アンリリースド・ワークス・オブ・スタートリング・ジニアス』と題された今作は2枚組になっており、Disc 1は全13曲のうち12曲を切れ目なく繋げた作品と、独立した楽曲1曲で構成。そしてDisc 2は、その13曲をすべて独立して収録しています。なお、この2枚組仕様は完全限定盤。通常盤に切り替わった後はDisc 1のみの仕様になります。ちなみに、フリップ&イーノの諸作品は、リマスターとエクスパンド仕様としての再発が進行中。こちらは2008年中に登場する予定です。
続報
フリップ&イーノの未発表曲集、タイトル変更
フリップ&イーノの未発表曲集のタイトルが『BEYONDO EVEN』に変更となりました。
[ 2007/10/15掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015