ニュース

テクニカル・デスラッシャーSEANCEが復活!ニュー・アルバムをリリース

2008/09/03 15:22掲載
はてなブックマークに追加
テクニカル・デスラッシャーSEANCEが復活!ニュー・アルバムをリリース
 THE HAUNTED(ザ・ホーンテッド)/WITCHERY(ウィッチリー)のリフ・マスター、Patrik Jensenが在籍していたことで知られるスウェーデンのテクニカル・デスラッシュ・バンド、SEANCE。ラスト・アルバム『Saltrubbed Eyes』から約15年の時を経て、ニュー・アルバム『Awakening Of The Gods』(写真)を引っさげ堂々の復活! アルバムは、日本が誇るシンフォニック・ブラックTYRANTや、プログレッシヴ・デスTHEORY IN PRACTICEなどのリリースで知られるシンガポールのPulverised recordsより発売予定。発売日は未定です。

 WITCHERYのヴォーカリストToxineことTony Kampnerがギタリストとして参加していたことでも知られるSEANCEは本年突如復活。Patrikと現在はDIABOLIQUEで活躍するBino Carlsson(ベース)は参加していませんが、Patrikの穴をWITCHERYのRichard CorpseことRille Rimfaltが埋めているほかはオリジナル・メンバーのまま。ベースはヴォーカルのJohan Larssonが兼任しているようです。新作は、1992年の『Fornever Laid To Rest』、1993年の『Saltrubbed Eyes』時よりもスラッシュ色の強い仕上がりとなっており、SEANCEを知らないTHE HAUNTED/WITCHERYファンの方にも強力プッシュ! 名曲「Haunted」へのオマージュと思われるタイトルも収められています。


SEANCE『Awakening Of The Gods』

01. Wasted
02. They
03. Your Time Has Come
04. Invocation
05. Flight of the Wicked
06. Murder
07. Choose Your Eternety
08. Forever Haunted
09. Revel in Death
10. Prisoner
11. Burn Me
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015