ニュース

韓国初の本格ロボット・アニメ『テコンV』公開決定!

2010/07/15 14:30掲載
はてなブックマークに追加
韓国初の本格ロボット・アニメ『テコンV』公開決定!
 韓国初の本格ロボット・アニメにして、1976年に公開されるや大ヒットを記録した劇場長編アニメーション『テコンV』がついに日本上陸! 8月7日より、シアターN渋谷にてレイトロードショー! 公開に先駆け、オフィシャル・サイト(www.taekwon-v.com)がオープンしているほか、劇場では、切り抜いて使える“特製おめん付チラシ”の配布がスタートしています。注目!

 主人公フンはテコンドーの使い手の若きファイター。ある日、彼はロボット工学の権威である父・キム博士を殺され、その遺志を継いで巨大ロボット“テコンV”のパイロットとなる――。立ちふさがる悪のロボット軍団、暗い影を秘めた美少女アンドロイド、そして世界征服をたくらむ謎の組織、製作から35年を経た今でも、その衝撃と感動はまったく色褪せず、現在でも韓国では国民的人気を誇る伝説的作品『テコンV』(近年では3DCGによるリメイク企画も進行中とか!)、今回、最新デジタル技術によって修復され、ついに待望の日本上陸! お見逃しなく!


テコンV


※8月7日より、シアターN渋谷にてレイトロードショー
(全国順次公開)
■『テコンV』
声の出演(日本語吹替版):高橋広樹 ゆかな 高岡瓶々  
配給:テコンV配給委員会

www.taekwon-v.com
(C) 1976 Robot Taekwon V Co.,Ltd. All Rights Reserved.
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015