ニュース

世界的テノール歌手、サルヴァトーレ・リチートラが来日公演を目前に死去

サルヴァトーレ・リチートラ   2011/09/06 19:05掲載
はてなブックマークに追加
 イタリアの世界的テノール歌手、サルヴァトーレ・リチートラ(Salvatore Licitra)が9月5日朝、シチリア島カターニャの病院で死去しました。享年43。8月27日にシチリアのラグーザ近郊でスクーターを運転中に事故をに遭い、昏睡状態が続いていましたが、9月5日に脳死判定により死亡が宣告、遺族は臓器提供に同意したとのことです。

 リチートラは9月中旬に開催されるボローニャ歌劇場日本公演2011の『エルナーニ』に出演する予定でした。来日を目前に控えた訃報に、日本のファンの間にも大きな悲しみが広がっています。

 “パヴァロッティの再来”と称され、イタリア系テノールとして現代最高の人気を誇ったリチートラは、1968年、スイスのベルンでシチリア系イタリア人の両親のもとに生まれました。

 イタリアのパルマで学び、1998年パルマの王立歌劇場で『仮面舞踏会』のリッカルドを歌ってデビュー。その年の夏には、アレーナ・ディ・ヴェローナでも同役を歌い、大絶賛を浴びました。やがて指揮者ムーティに認められ、ミラノ・スカラ座を舞台に数々の成功を重ねてゆきます。そしてヴェルディ没後100年の国家的行事ともいえる2000 / 2001年のスカラ座シーズン・オープニング、2000年12月にムーティ指揮のもと『イル・トロヴァトーレ』のマンリーコを、バルバラ・フリットリディミトラ・テオドッシュウのダブル・キャストを相手役に歌い、その圧倒的な成功は瞬く間に全世界に知れ渡りました。

 ウィーン国立歌劇場にも2001年に『仮面舞踏会』でデビュー、ほかにもパリ・オペラ座、バイエルン国立歌劇場、チューリッヒ歌劇場、ロイヤル・オペラなど、瞬く間に主要歌劇場を席捲しました。

 ニューヨークのメトロポリタン歌劇場には、正式デビューの2年前、2002年に、突然不調降板となったパヴァロッティの代役として急遽呼ばれ、『トスカ』のカヴァラドッシでデビュー、これがセンセーショナルな大成功を収め、世界中に報道されました。

 豊麗で明るく暖かみのある声、情熱的な歌唱、ドラマティックな表現力で聴くものすべてを魅了した名テノール。絶頂期での他界は本当に残念でなりません。心よりご冥福をお祈りいたします。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015