ニュース

A-Sketchのカウントダウン・ライヴ〈Ready Set Go!!〉大盛況のうちに閉幕!

2013/01/08 14:19掲載
はてなブックマークに追加
A-Sketchのカウントダウン・ライヴ〈Ready Set Go!!〉大盛況のうちに閉幕!
 flumpoolNICO Touches the WallsWEAVERら「A-Sketch」所属アーティストが集結するカウントダウン・ライヴ〈Ready Set Go!!〉が12月31日から1月1日にかけて、兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催。

 ステージでは、プレ・オープニング・アクトとして、12月26日に開催された〈MASH A&R FINAL AUDITION-MASH FIGHT! vol.1〉のグランプリに輝いたTHE ORAL CIGARETTESが登場。グランプリ受賞のわずか6日たらずの大舞台でのステージでしたが、今後を期待させる演奏を披露。

 そして、オープニング・アクトとして登場したのは2012年にデビューした期待の新人、THE NAMPA BOYSGOLD RUSH。THE NAMPA BOYSの小林聡里(vo、g)は「オープニング・アクトは準備運動の時間じゃないですよ!」と叫び、GOLD RUSHは「二人の声で精一杯歌っていきます!」とオーディエンスを巻き込み、スタートから観客を盛り上げる!

 続いて、メイン・アクトのトップ・バッターは地元・神戸でのライヴとなるWEAVER。ステージに学生服姿で登場すると、1曲目はまさかのBUMP OF CHICKEN「天体観測」カヴァー! メンバーの杉本雄治(vo、g)はピアノではなくギターをかき鳴らし、カウントダウン・ライヴならではの演出に観客は大盛り上がり! そして「トキドキセカイ」「僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜」などヒット曲に続いて、1月16日にリリースするニュー・アルバム『Handmade』から新曲「Shall we dance」も披露し、ピアノ・ロック・バンドの魅力を見せつけるステージに。

 そして、続いての登場はNICO Touches the Walls。疾走感たっぷりの「夏の大三角形」でライヴはスタートし、光村龍哉(vo、g)は「今年出せる力を全てこのライヴに注ぎ込みます! 最高の夜を一緒に作りましょう!」と観客を盛り上げ、「ランナー」や最新シングル曲「夢1号」なども披露。ラストは「手をたたけ」で会場が一体となるステージを繰り広げました。

 そして、ラストはflumpool。スタートから山村隆太(vo)が「2012年ありがとう!」と叫び、会場は割れんばかりの歓声に包まれると、「星に願いを」「君に届け」などのヒット曲や最新アルバム『experience』からの新曲を披露。合間のMCでは「最後に、誰にとっても“最高だった今日が!”と思えるような1日を作りましょう! 最高の新年を迎えようぜ!」と熱く語りかけ、12月31日の0:00が近づくと、全出演アーティストがステージに登場。そして、山村、光村、杉本の3人のかけ声により観客全員と一緒にカウントダウン! 新年を大歓声の中、迎える!


Ready Set Go!!


 カウントダウンの後には、シークレットとなっていた豪華ステージがスタート。全出演アーティストが参加し、総勢17人というメンバーにてザ・ビートルズ「Revolution」を披露。さらに、flumpool、NICO Touches the Walls、WEAVERによる豪華メドレー演奏がスタート。WEAVERがflumpoolの「花になれ」を、続いてNICO Touches the WallsがWEAVERの「Hard to say I love you〜言い出せなくて〜」を、そして最後に、flumpoolがNICO Touches the Wallsの「ホログラム」をメドレー形式で演奏し、カウントダウン・ライヴでしか観ることが出来ない豪華コラボに会場のヴォルテージは最高潮へ!

 最後は、山村が代表して「全バンドが力を合わせて素敵な音楽を届けていこう! 今年も宜しく!」と締めくくり、最高の1年の幕開けを飾りました!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015