ニュース

世界初のデジタル録音作品、スティーヴ・マーカス+稲垣次郎『サムシング』が初CD化!

2013/03/27 18:26掲載
はてなブックマークに追加
 これまで、LPになった世界初のデジタル・レコーディング作品といえば、1971年1月11日にツトム・ヤマシタが東京文化会館小ホールで行なったコンサートをNHK技術研究所のPCM録音機で録音。同年4月に発売した『打〜ツトム・ヤマシタの世界』とされていましたが、それより前にデジタル・レコーディングした作品が存在することがわかりました。4月24日に発売される初CD化のアルバム、スティーヴ・マーカス稲垣次郎『サムシング[+1]』(COCB-54056 税込2,625円)がその作品。1970年9月14日に日本コロムビアのスタジオで録音、やはりNHK技術研究所の機材を借りて録っています。ただし、すでにデジタル・マスターを再生する装置が現存しないため、今回のCD化には、同時収録していたアナログ・テープのマスターを使用しています。

 『サムシング[+1]』は、60年代から70年代にかけ、ジャズ・ロック・サックス・プレイヤーとして東西を代表する存在だったスティーヴ・マーカスと稲垣次郎が共演したアルバム。二人のほかに、川崎 燎(g)、佐藤允彦(p、el-p)、荒川康男(b)、石松 元(ds)、田中清司(ds)というツイン・ドラムのユニークな編成で、佐藤允彦が編曲を手がけ、ビートルズの「サムシング」などを演奏しています。さらに今回のCD化では、これまで未発表だった「サムシング」の13分を超える別テイクをボーナス・トラックとして追加しています。

 また、同時発売でジャズ・ロック期の稲垣次郎の音源から選曲したベスト盤である稲垣次郎とソウル・メディアの『ジャズ・ロック・レジェンド』(COCB-54055 税込2,310円)と、本格派ソウル・シンガーとして注目されたサミーのアルバムが2枚。サミー、稲垣次郎とソウル・メディアの『女・ロビンソン・クルーソー / ロック・ステディ』(COCB-54057 税込み2,625円)とサミー&フリーダム・ユニティ『朝日のあたる家 / SALUTE TO SOUL』(COCB-54058 税込2,625円)も店頭に並びます。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015