ニュース

世界初のデジタル録音作品、スティーヴ・マーカス+稲垣次郎『サムシング』が初CD化!

2013/03/27 18:26掲載
はてなブックマークに追加
 これまで、LPになった世界初のデジタル・レコーディング作品といえば、1971年1月11日にツトム・ヤマシタが東京文化会館小ホールで行なったコンサートをNHK技術研究所のPCM録音機で録音。同年4月に発売した『打〜ツトム・ヤマシタの世界』とされていましたが、それより前にデジタル・レコーディングした作品が存在することがわかりました。4月24日に発売される初CD化のアルバム、スティーヴ・マーカス稲垣次郎『サムシング[+1]』(COCB-54056 税込2,625円)がその作品。1970年9月14日に日本コロムビアのスタジオで録音、やはりNHK技術研究所の機材を借りて録っています。ただし、すでにデジタル・マスターを再生する装置が現存しないため、今回のCD化には、同時収録していたアナログ・テープのマスターを使用しています。

 『サムシング[+1]』は、60年代から70年代にかけ、ジャズ・ロック・サックス・プレイヤーとして東西を代表する存在だったスティーヴ・マーカスと稲垣次郎が共演したアルバム。二人のほかに、川崎 燎(g)、佐藤允彦(p、el-p)、荒川康男(b)、石松 元(ds)、田中清司(ds)というツイン・ドラムのユニークな編成で、佐藤允彦が編曲を手がけ、ビートルズの「サムシング」などを演奏しています。さらに今回のCD化では、これまで未発表だった「サムシング」の13分を超える別テイクをボーナス・トラックとして追加しています。

 また、同時発売でジャズ・ロック期の稲垣次郎の音源から選曲したベスト盤である稲垣次郎とソウル・メディアの『ジャズ・ロック・レジェンド』(COCB-54055 税込2,310円)と、本格派ソウル・シンガーとして注目されたサミーのアルバムが2枚。サミー、稲垣次郎とソウル・メディアの『女・ロビンソン・クルーソー / ロック・ステディ』(COCB-54057 税込み2,625円)とサミー&フリーダム・ユニティ『朝日のあたる家 / SALUTE TO SOUL』(COCB-54058 税込2,625円)も店頭に並びます。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015