ニュース

第17回ショパン国際ピアノ・コンクールの結果が発表に! 優勝はチョ・ソンジン

2015/10/21 14:08掲載
はてなブックマークに追加
第17回ショパン国際ピアノ・コンクールの結果が発表に! 優勝はチョ・ソンジン
 5年に一度ワルシャワで開催される若手ピアニストの登竜門〈ショパン国際ピアノ・コンクール〉。10月18日から始まった最終審査(ファイナル)には日本人の小林愛実を含む10名が選ばれワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団と協奏曲を演奏。日本時間の10月21日に結果が発表となり、第1位はチョ・ソンジン(Seong-Jin Cho)、第2位シャルル・リシャール=アムラン(Charles Richard-Hamelin)、第3位 ケイト・リウ(Kate Liu)、第4位エリック・ルー(Eric Lu)、第5位イーケ・(トニー・)ヤン(Yike(Tony)Yang)、第6位ドミトリー・シシキン(Dmitry Shishkin)となりました。

 今回優勝したチョ・ソンジンは、韓国生まれのピアニスト。2008年に青少年のためのショパン国際ピアノ・コンクール(モスクワ)で第1位を受賞したほか、2009年11月には〈第7回浜松国際ピアノ・コンクール〉にて15歳での最年少優勝を果たし、審査委員長の中村紘子に「圧倒的な、桁外れの才能」と評されました。2011年6月には、ピアノ部門に強豪が並んだチャイコフスキー国際コンクールで第3位を受賞。同年11〜12月には日本での初リサイタル・ツアーを行なっています。ドイツ・グラモフォンとショパン・インスティテュートの提携により、11月6日(金)(※日本国内盤は11月18日発売予定 / UCCG-1719)にはドイツ・グラモフォンからデビュー盤をリリース予定です。

 2016年1月には〈第17回ショパン国際ピアノ・コンクール2015 入賞者ガラ・コンサート〉公演が開催。入賞者たちがカスプシック指揮ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団と来日するこの公演は、入賞者たちの情熱を体感できる絶好の機会となっていますので、お聴きのがしなく。

[チョ・ソンジン]
1994年5月28日、韓国ソウル生まれ。6歳からピアノを始める。2005年、クフモ神童コンサート・シリーズでデビュー。
2008年に青少年のためのショパン国際ピアノ・コンクール(モスクワ)で第1位受賞。
2009年11月には、〈第7回浜松国際ピアノ・コンクール〉にて15歳での最年少優勝を果たし、同時に日本人作品最優秀演奏賞、札幌市長賞も受賞。審査委員長の中村紘子に「圧倒的な、桁外れの才能」と評される。
今までにチョン・ミョンフン、ゲルギエフ、プレトニョフ、マレク・ヤノフスキ等の指揮でソウル・フィル、チェコ・フィル、フランス国立放送フィル、マリインスキー管、ロシア・ナショナル、ベルリン放響、NHK交響楽団などと共演。
2011年6月、ピアノ部門に強豪が並んだチャイコフスキー国際コンクールで3位受賞。
同年11〜12月には日本での初リサイタル・ツアーを行ない、来日の度に大きく成長する演奏が絶賛を博した。
韓国でS. R. パク、S. J. シンに師事。
ソウル芸術高等学校を経て2012年10月よりパリ高等音楽院に入学。ミシェル・ベロフの元で研鑽を積んでいる。


第17回ショパン国際ピアノ・コンクール2015
入賞者ガラ・コンサート


・2016年1月28日(木)
東京 池袋 東京芸術劇場 コンサートホール
開演 19:00

・2016年1月29日(金)
東京 池袋 東京芸術劇場 コンサートホール
開演 19:00
 
[出演]
第17回ショパン国際ピアノ・コンクール2015 入賞者
ヤツェク・カスプシック(音楽監督&指揮)ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015