ニュース

高田渡トリビュート、発売に

2004/09/10掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 4月より現在も全国を回る形で劇場公開が続けられている映画『タカダワタル的』が話題の、伝説的フォーク・シンガー高田渡(写真はベルウッド時代の71年作『ファースト・アルバム ごあいさつ』)。あらためてその国宝級といえそうなほどのユニークな存在感がじわじわと注目を集めている昨今、トリビュート盤『高田渡トリビュート』(SEAL-030 \3,000(税込))が10月15日にリリースされることに!

 そこに参加した人々は、現在も活動を続ける、これまた伝説的フォーク・シンガーたちが中心。最近26年ぶりに新作を発表した中川五郎をはじめ、大塚まさじ中川イサト斉藤哲夫シバ、さらに俳優の柄本明などなど(下記の曲目をご参照あれ)。高田渡自身もトリを飾っており、その飄々としたたたずまいから唄われる、ハッとさせられる曲の数々が、いかにたくさんの人々に愛されているかが伝わってきそうな内容です。さらに発売前の10月6日、7日吉祥寺Star Pine's CafeではCD発売記念ライヴ2daysが予定されており、トリビュート盤に参加したゲストが多数出演するそうです。この会場でCDの先行販売も予定されているとのこと。詳しくはシールズレコードの公式HPまで。


『高田渡トリビュート』
(01)長屋の路地に(斉藤哲夫)
(02)コーヒー・ブルース(村上律)
(03)ヘイ・ヘイ・ブルース(大庭珍太)
(04)すかんぽ(なぎら健壱)
(05)スキンシップ・ブルース(柄本明)
(06)系図(中川五郎)
(07)ブラブラ節(シバ)
(08)私は私よ(アーリータイムスストリングスバンド)
(09)ボロボロ(中川イサト)
(10)酒が飲みたい夜は(佐久間順平)
(11)風(いとうたかお)
(12)ブラザー軒(佐藤GWAN博)
(13)祭(フィエスタ)(山崎ハコ)
(14)夕暮れ(大塚まさじ)
(15)調査節(高田渡)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015