ニュース

高田渡トリビュート、発売に

2004/09/10掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 4月より現在も全国を回る形で劇場公開が続けられている映画『タカダワタル的』が話題の、伝説的フォーク・シンガー高田渡(写真はベルウッド時代の71年作『ファースト・アルバム ごあいさつ』)。あらためてその国宝級といえそうなほどのユニークな存在感がじわじわと注目を集めている昨今、トリビュート盤『高田渡トリビュート』(SEAL-030 \3,000(税込))が10月15日にリリースされることに!

 そこに参加した人々は、現在も活動を続ける、これまた伝説的フォーク・シンガーたちが中心。最近26年ぶりに新作を発表した中川五郎をはじめ、大塚まさじ中川イサト斉藤哲夫シバ、さらに俳優の柄本明などなど(下記の曲目をご参照あれ)。高田渡自身もトリを飾っており、その飄々としたたたずまいから唄われる、ハッとさせられる曲の数々が、いかにたくさんの人々に愛されているかが伝わってきそうな内容です。さらに発売前の10月6日、7日吉祥寺Star Pine's CafeではCD発売記念ライヴ2daysが予定されており、トリビュート盤に参加したゲストが多数出演するそうです。この会場でCDの先行販売も予定されているとのこと。詳しくはシールズレコードの公式HPまで。


『高田渡トリビュート』
(01)長屋の路地に(斉藤哲夫)
(02)コーヒー・ブルース(村上律)
(03)ヘイ・ヘイ・ブルース(大庭珍太)
(04)すかんぽ(なぎら健壱)
(05)スキンシップ・ブルース(柄本明)
(06)系図(中川五郎)
(07)ブラブラ節(シバ)
(08)私は私よ(アーリータイムスストリングスバンド)
(09)ボロボロ(中川イサト)
(10)酒が飲みたい夜は(佐久間順平)
(11)風(いとうたかお)
(12)ブラザー軒(佐藤GWAN博)
(13)祭(フィエスタ)(山崎ハコ)
(14)夕暮れ(大塚まさじ)
(15)調査節(高田渡)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015