ニュース

“癒しの天才ピアニスト”アレクシス・フレンチが日本デビュー 映画「人魚の眠る家」のスコアも担当

2018/09/14 11:46掲載
はてなブックマークに追加
 “癒しの天才ピアニスト”と呼ばれ、英国で話題となっているアレクシス・フレンチ(Alexis Ffrench)の日本デビューが決定。アルバム『エヴォリューション』(SICP-31208 2,500円 + 税)が10月24日(水)に発売されます。

 フレンチはロンドンの王立音楽アカデミーなどのクラシックの名門で学び、R&Bやルーツ・ミュージックにも影響を受けながら、クラシックの枠に囚われず、国や人種、世代、ジャンルを超えた新しい音楽を探求しているピアニスト兼コンポーザー。日本デビュー作となる『エヴォリューション』では、ゲストにエレクトロ・フォーク・デュオTall Hightsやハープ奏者ラヴィニア・マイヤーらを迎え、ヒーリング・ミュージックの最前線とも呼べる癒しに満ちた美しいサウンドを展開しています。英国ではiTunesのUKクラシカル・アルバム・チャートをはじめ、Amazon UKミュージック総合チャート、週間の全英クラシカル・アーティスト・アルバム・チャートで1位を獲得。ストリーミング数が1億回を超えるなど、コンテンポラリー・クラシック・アーティストとしては異例のヒットを記録中です。

 またフレンチは、11月16日(金)に公開される映画「人魚の眠る家」(監督: 堤 幸彦 / 原作: 東野圭吾)のスコアを担当。劇中の重要な場面で使用される挿入曲「ブルーバード〜愛のテーマ」のミュージック・ビデオがYouTubeにて公開されています。


クラシック音楽に誰もが感じている、バリアを取り除きたい。僕の音楽はあらゆるジャンルをクロスオーバーしているから、様々なあらゆるオーディエンスにアピールすると思うんだ。近い将来、白い顔、茶色い顔、黒い顔をした、様々なバックグラウンドの人々が集うような、歓迎すべきミクスチャーが見られれば最高だね。そうなったら、クラシック音楽は生きているんだって実感ができる。僕は自分自身を、そういう変化を導く手助けができるアーティストだと考えているし、これは僕が一生かけてやるべき大きな仕事。ポジティヴな変化を推進していく義務があると思っているんだ。
――アレクシス・フレンチ

■2018年10月24日(水)発売
アレクシス・フレンチ
エヴォリューション

SICP-31208 2,500 + 税

[収録曲]
01. 目覚め / Reborn
02. 待ち焦がれて / At Last
03. 哀しみのモーメンツ / Moments
04. ブルーバード〜愛のテーマ / Bluebird
05. 明日への詩(うた) / Tomorrow Song
06. ためいき / Exhale
07. 流れるままに / Flow and Begin Again
08. 赦し / Forgiven
09. 迷宮の世界 / Where Worlds Collide
10. 息をひそめて / Waiting to Breathe
11. 希望の滝 / Waterfalls
12. ラスト・ポスト(未来へ) / The Last Post (Evolution)


「人魚の眠る家」
2018年11月16日(金)より全国公開
ningyo-movie.jp

出演: 篠原涼子 / 西島秀俊 / 坂口健太郎 / 川栄李奈 / 田中 泯 / 松坂慶子 他
監督: 堤幸彦
原作: 東野圭吾
脚本: 篠崎絵里子
音楽: アレクシス・フレンチ

配給: 松竹
©2018「人魚の眠る家」製作委員会
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015