ニュース

映画「キャッツ」、山寺宏一、浦嶋りんこ、RIRI、宝田 明ら吹き替え版追加キャスト公開

2020/01/07 13:05掲載
はてなブックマークに追加
映画「キャッツ」、山寺宏一、浦嶋りんこ、RIRI、宝田 明ら吹き替え版追加キャスト公開
 全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続ける大ヒット・ミュージカルを実写化した映画「キャッツ」が、2020年1月24日(金)より全国ロードショー。このたび、日本語吹き替え版の追加キャストが公開されています。

 ミュージカル〈キャッツ〉の実写映画版となる本作は、都会のごみ捨て場を舞台に、人間に飼い慣らされることを拒否した猫たちが歌と踊りを繰り広げるさまを描いています。トム・フーパー監督がメガフォンをとり、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、白猫のヴィクトリアを演じるフランチェスカ・ヘイワードほか、ジェニファー・ハドソン(グリザベラ役)、テイラー・スウィフト(ボンバルリーナ役)、ジュディ・デンチ(オールドデュトロノミー役)らが参加。世界で2ヶ国のみ吹き替えが許可され制作された日本語吹替え版には、「キャッツ」の不思議な世界を冒険する主人公ヴィクトリア役の葵わかなほか、山崎育三郎(マンカストラップ役)、高橋あず美(グリザベラ役)、ロバート秋山竜次(バストファージョーンズ役)、Official髭男dismの藤原 聡(ラム・タム・タガー役)、大竹しのぶ(オールドデュトロノミー役)らが名を連ねます。

 また、追加キャストとして、山寺宏一(マキャヴィティ役)、浦嶋りんこ(ジェニエニドッツ役)、RIRI(ボンバルリーナ役)、宮野真守(マンゴジェリー役)、沢城みゆき(ランペルティーザ役)、山路和弘(グロールタイガー役)、宝田 明(ガス役)が決定しています。

[コメント]
マキャヴィティ:山寺宏一
――世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?
参加出来て嬉しかったです!ミュージカルで観たマキャヴィティは、あまり姿を現さず歌ってもいなかったと記憶してるんですが、映画版ではしっかり出て来て歌も(少しですが)歌っているので、やりがいがありました!不気味で怖いだけじゃないんです。

ガス:宝田明
――世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?
此の世に存する生命体は、全て喜怒哀楽を有する。
猫とて同じ事。彼が吐き出す言葉に少しく味付けをして、素直に挑戦した。


――ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?
老猫エンジン全開すれど、悲しいかな体力が、深い溜息が、人生を感じさせる。

ジェニエニドッツ:浦嶋りんこ
――世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?
世界で二カ国のみ!に、吹替え収録後あらためて震えがきてます!
最高に興奮して吹替えに挑みました!


――ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?
私も夜行性で、夜の活動が活発。
○キブリは食べないですが、ネズミは子供の頃ポケットに入ってました(笑)


ボンバルリーナ:RIRI
――世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?
ミュージカルも、映画の吹替えも初めての経験でしたので、とてもエキサイトしました!
ボンバルリーナは、妖艶な猫のキャラクターなので表現が難しかったですが、すべて本当に楽しくて、演じることの楽しさも知れた、とても素敵な機会でした!


――ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?
ボンバルリーナのキャラクターは、私にはない側面をたくさん持ってるので、その分、
初めての表現が多くて、演じていてとても楽しかったです!
日本語版のボンバルリーナ、ぜひ楽しみにしていてくださいね!


マンゴジェリー:宮野真守
――世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?
「キャッツ」を観劇して大変感動し、衝撃を受けたので、
このような形で携わることができて、本当に幸せです!


――ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?
おどけ役でお調子者なところと、小心者なところでしょうか......(笑)

ランペルティーザ:沢城みゆき
――世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?
楽曲の中でキャラクターを作っていく作業は初めてで、1テイク毎に細かな演出をいただき、少しづつ形にしていきました。……我慢はしない気質のランペル!解放されるようで心地良かったです。

――ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?
……ぱっと、思いついたのは、相方のことが大好きなところ(笑)でしょうか。
宮野さんとこうした間柄は新鮮で嬉しかったです。


グロールタイガー:山路和弘
――世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?
歌だけ吹替るなんて、生涯ないと思ってた。選んでいただけて光栄でした。
そして機会をくれたキャッツに感謝。


――ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?
ただの酔っ払いのオヤジみたいになったかなぁ、、だとしたら、それが共通点?

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

「キャッツ」
2020年1月24日(金)より全国ロードショー
cats-movie.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015