ニュース

クリス・カニンガム+エイフェックス・ツインによる短編映画登場

2005/04/05掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 恐怖と緊張感をもたらすゴスチックな世界観を常に描く鬼才クリス・カニンガム。これまでにも、自身が手掛けたPVなどを自らの手でプロデュースした映像作品集『Directors Label クリス・カニンガム Best Selection』(写真)や、Warp Recordsのビデオ・クリップ集『Warp Vision (The Videos 1989-2004)』などにて、その独特の美意識を感じさせる映像手腕が体験出来ましたが、いよいよ、その彼が手掛けた短編映画がDVD作品としてリリースされます!

 彼が手掛けた短編映画は『Rubber Johnny』といい、地下に固定された突然変異体の子供を主人公にした、悲惨で幻想的で実験的な作品となっている模様。エイフェックス・ツインの音楽をフィーチャーした約7分の映像で、すでに特設サイトもオープン済。今回も観る人に恐怖と緊張感をもたらす映像となっていますので、心してご覧ください!

 リリースは彼とは馴染み深いWarp Recordsが新たに始めた映像レーベル“Warp Films”からの予定で、DVDとクリス・カニンガムが手がけた写真などを掲載したブックレット(40ページ)とをセットにしてのリリースとなる予定。DVD『Rubber Johnny』はUKにて5月23日にリリースされる予定です。
続報
クリス・カニンガム+エイフェックス・ツインによる短編映画、延期
UKでの発売が延期されました。発売は6月20日の予定です。
[ 2005/05/24掲載 ]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015