ニュース

ロンドンの新人SSW、オスカー・ラングがデビュー・アルバム『Chew The Scenery』を発表

2021/04/15 13:47掲載
はてなブックマークに追加
ロンドンの新人SSW、オスカー・ラングがデビュー・アルバム『Chew The Scenery』を発表
 The 1975ウルフ・アリスペール・ウェーヴスビーバドゥービーらが所属する英ロンドンの気鋭インディ・レーベル「Dirty Hit」が力を入れる新人シンガー・ソングライターで、ビーバドゥービーの初期作品ではプロデューサーを務めたオスカー・ラング(Oscar Lang)が、デビュー・アルバム『Chew The Scenery』を7月16日(金)に発表します。アルバムからの1stシングル「Stuck」がリリースされ、ミュージック・ビデオが公開中です。

 パワフルなロックンロール・ナンバー「Stuck」についてラングは「このシングル〈Stuck〉は恥ずかしい出来事を想像している時に響いてくる頭の中の声に圧倒される気持ちを歌ったものなんだ。昔の記憶を思い浮かべながらボーっとしていることがよくあるんだけど、自分の思いに囚われて何にも考えられなくなっちゃうんだ。頭の中を声が駆け巡る、そんなカオスを曲で表現したかったんだ」とコメントしています。

 オーケストラも参加してみずからの多彩な音楽性を実現したアルバムは、リッチ・ターベイ(コーラルブロッサムズ)がプロデュース。80年代にミュージシャンとして短い期間活躍した彼の母親は、オスカーが7歳の時に自死しており、以来音楽がラングの人生で大切なものとなりました。母親に買ってもらったピアノはオスカーの初期作品や2017年のデビュー・シングル「She Likes Another Boy」でも聴く事ができます。「母親のことを考える度に、その想いが自分を音楽に駆り立てた。自分自身の中に両親が生きていると考えたいんだ。悲しむのではなく、良き人生を生きるんだ。俺は母親が願っていたような人生を送っている。それは本当にクールなことなんだ」「ここ2年ほどで俺の音楽性はベッドルーム・ポップからロックへと大きく変化したと思う。アルバムはリヴァプールで約1ヵ月かけてレコーディングしたんだ。退屈なロックダウンから逃避して友達と好きな事ができたなんて。アルバムを聴けば積み重ねられた退屈な気持ちが解放されているのが分かると思うよ」とラングは語っています。



オスカー・ラング「Stuck」再生・購入リンク
smarturl.it/bgxg65
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト
[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015