ニュース

正体不明の謎の覆面シンガーFAINTS、東京を舞台にしたラヴ・ソング「TOKYO」リリース

2021/07/07 12:25掲載
はてなブックマークに追加
正体不明の謎の覆面シンガーFAINTS、東京を舞台にしたラヴ・ソング「TOKYO」リリース
 1stデジタル・シングル「2002 CIVIC」がアメリカを中心に24万回以上の再生数を獲得している覆面シンガーFAINTS(フェインツ)が、7月7日(水)に2作目となる配信シングル「TOKYO」をリリース。

 FAINTSは、「コロナ禍で世界中が苦しんでいるこんな世の中だからこそ、世界中が一体となって助け合うべきではないか。今まで歌うことしかしてこなかった自分に何かできることはないか。今苦しんでいる世界中の人たちを自分の歌声によって少しでも癒すことができたら」という思いで、とあるシンガーが別名義で立ち上げたプロジェクト。世界中の人に伝えたいという一心で楽曲は英語詞で表現、顔を出さないことで様々な先入観を排除し、純粋に歌を聴いて欲しい、歌の力だけで人の心を動かしたいという思いが強く、覆面シンガーとして活動しています。

 前作「2002 CIVIC」のリリースからまだわずか1ヵ月余りという短いスパンで発表された今作は、約2週間後に開催が予定されている東京オリンピックにより全世界から注目が集まる「東京」をタイトルに据えた渾身の一曲。ただ、曲の内容はオリンピックとは全く関係は無く、東京が舞台のラヴ・ソングになっており、歌詞の中では「二度と東京には戻らない」という表現で、戻ってこない昔の自分達と東京の街をリンクさせた内容になっています。

 また、FAINTSのSNS(Instagram、Twitter)やTikTok、そしてYouTubeで数回に分けて完成前の制作過程を事前公開されていた、同曲のMVもYouTubeにて公開。全編英語詞、トレンドのエレクトロ・ポップで展開していくインパクト抜群の楽曲になっています。

 FAINTSは、「今まさに漠然と、“もう二度と戻らない…”何かをこの世の中に感じてる人は少なくない気がしています。それがコロナによって変わってしまった今の世の中をリンクさせてしまうかもしれません。本当は“戻れるものなら戻りたい…”。この曲から感じ取れるどこか寂しい気持ちは、そういった何か個人的なものがポイントなのかなとも思っていて。その裏返しで、“東京には戻らない”と何度も何度も繰り返すことによって、この歌詞の色気やカッコよさみたいなものを感じてもらえたら嬉しいです。また、曲のコンセプトが“ラヴソング”という、ある意味ライトに聴ける内容なので、そういった部分も逆に素敵と感じてもらえるかが、この曲を聴いてもらう上でのポイントなのかなとも思います」とコメントしています。

拡大表示




■2021年7月7日(水)配信開始
FAINTS
「TOKYO」

faints.lnk.to/TOKYO
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015