ニュース

プライマル・スクリーム『スクリーマデリカ』のアート・デザイナー死去

2005/07/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 プライマル・スクリームの確固たる人気を築き上げるきっかけとなった91年作『スクリーマデリカ』(写真)のジャケット・アートワークを手掛けたデザイナーのPaul Cannellが先日、自ら命を絶ち死去した。自殺の原因は不明。

 Paul Cannellは他にも、プライマル・スクリームのシングル「ハイヤー・ザン・ザ・サン」と「ドント・ファイト・イット、フィール・イット」のジャケット・アートワークを手掛け、またダヴズベス・オートンらが所属する“Heavenly Records”のレーベル・ロゴとして使われている鳥の絵や、マニック・ストリート・プリーチャーズのシングル「ユー・ラヴ・アス」のジャケット・アートワークなども手掛けていました。また自身もミュージシャンとしてバンド“Crawl”を結成し、96年にクリエイション・レーベルからシングルを発表したこともありました。

 『スクリーマデリカ』のサウンドを手掛けたUKクラブ・シーンの重鎮、アンドリュー・ウェザオールはかつて彼について、“私は彼を愛しています。私は彼の子供でいたい”と発言するなど、彼は現地のミュージシャンからの信頼も厚い人物でした。心よりご冥福をお祈りします。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース
[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』
[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」
[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』[インタビュー] CUBERS 注目の5人組ボーイズ・グループ つんく♂作「メジャーボーイ」でメジャー・デビュー!
[インタビュー] Ryo Kobayakawa、NEI、COVAN――名古屋市南区発ヒップホップ・クルー“D.R.C.”を紹介する[インタビュー] 強さと美しさを追い求めて――ベッド・インが初のカヴァー・アルバム『Endless Bubble』を発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015